アメリカオニアザミ(キク科)

アメリカオニアザミは、乾燥気味の空き地や、歩道の隙間などにも見られる2年草の帰化植物です。 ヨーロッパ原産ですが、北米経由で入ったため「アメリカ」の名が冠されたとみられます。

茎葉には剛毛があり、深裂した裂片は葉軸を中心に周囲に張出し、裂片の先端は「鬼」の名に相応しい鋭いトゲになっています。
茎は直立し、上部で枝を分けたのち、茎頂に1〜2個の総包に包まれた頭花をつけます。総包は下部が丸く膨らむ壺形で、総包片の先端はトゲ状になり開出します。 花は筒状花で、極く淡い紫色の花弁を持ち、集葯雄蕊 は紫色で、葯の筒から伸び出す雌しべも紫色です。 花の優しい色合いと、葉や茎から受ける印象が大きく違います。
アメリカオニアザミ Cirsium vulgare (Savi) Tenore 撮影:東京都
夏には白い冠毛をつけた種子になり、風で散布されます。 日本のアザミ属は、種の特定が難しいことがありますが、アメリカオニアザミは容易に判別できます。 牧草地では進入されると、飼料にならないうえに、根も広く張るので駆除が難しい厄介な存在になります。

属名 Cirsium は、ヒメヒレアザミ(ヒレアザミ属) Carduus pycnocephalus L.の古名 cirsion から、同様に鋭いとげをもつアザミ属に転用されたもの。種小名 vulgare は、普通の、広くある の意味。

 集葯雄蕊 : (しゅうやくゆうずい) 複数の雄しべが、葯の部分で合着するものをいう。 キク科では、5本の雄しべの葯が合着して筒状になるのが特徴とされる。葯は筒の内側で縦に裂け、花粉はいったん筒の内側にたまる。 花粉は、雌しべが葯の筒の中を通り、伸び出す際に押し出される。柱頭は、筒から出てから、始めて受粉可能な状態になることで、自家受粉を避けている。

2003.07.-2008.12-2015.04.Re
このページのトップへ