ベニバナ(キク科)

ベニバナ 生薬名:コウカ( 紅花 ) [ 局 ] 用途:漢方薬・染料・化粧品

エジプト原産といわれるベニバナ 紅花は、古い時代(4〜6世紀)に渡来した 1年草または越年草です。 草丈は1m前後になり、上部で分枝、それぞれの茎頂に管状花だけからなる花をつけます。花弁は、初め鮮やかな黄色、後に紅色に変わります。

葉の鋸歯は鋭いトゲ状になり、総苞片付近は特に多くあります。利用するのは管状花で、収穫作業はトゲが乾燥して鋭くなる前、朝露の残る早朝に行われます。 その際、茎頂の花を摘み取るため、別名・末摘花(すえつむはな)とも呼ばれています。国内の栽培では、県花としている山形県が有名ですが、安価な中国産も大量に出回っています。 近年、トゲの少ない品種も創出されているようです。

和名のベニバナは、中国名・紅花の音読みから。属名 Carthamus は、ラテン語のベニバナを指し、種小名 tinctorius は、染色・染料の意味です。
薬用には、管状花を生薬名コウカ(紅花)といい、主に婦人病の漢方処方に用いられます。血流が良くなるとされますが、血液凝固が阻害される可能性があるので、消化器官の潰瘍など出血性の症状がある場合は注意が必要です。
古い時代には、黄色の色素を抜いたものを紅として重用していました。現代でも、食紅や化粧用着色料として利用されています。他には草木染の染料といった需要もあります。 また種子からはリノール酸などの必須脂肪酸を多く含む油が得られ、紅花油として食品に使用されています。

必須脂肪酸 : 体内で合成できないので摂取する必要がある脂肪酸の総称。

2013.04.New-2014.12.Re
ベニバナ 紅花 Carthamus tinctorius L. 撮影:東京都薬用植物園
このページのトップへ