ボウフウ/ハマボウフウ  セリ科

ボウフウ 生薬名:ボウフウ ( 防風 )[ 局 ] 用途:漢方薬

ボウフウは、シベリヤ、モンゴル、中国北部に自生する多年草です。 根生葉は、2〜3回羽状複葉ですが、茎に付く葉は小さくなります。花期は夏、散形花序を多数つけ(複散形花序)、小花は淡黄白色をしています。

ボウフウ ( 防風 )とは風邪を防ぐとしての名前です。発汗、解熱、鎮痙を目的として漢方に処方されています。 種小名の divaricata は、二股に分かれたの意味で、茎の分岐の様子からつけられました。
ボウフウ 撮影地・東京都薬用植物園
Saposhnikovia divaricata Schischkin
 ボウフウには幾つかの学名があるので、標準的な Saposhnikovia を載せた。属名の由来は確認できていないので未記載。

ハマボウフウ 生薬名:ハマボウフウ ( 浜防風 )[ 局 ] 用途:漢方薬

ハマボウフウは海岸の砂地に自生する多年草で、葉を刺身のつまなど、野菜として利用します。 葉は、1〜2回3出複葉で、小葉の縁には鋸歯があります。6〜7月に複散形花序をつけます。小花は、白色。属名 Glehnia は、人名由来。種小名 littoralis は、「海浜性の」の意味。
薬用部位は、ボウフウ同様に根茎です。ボウフウの代用生薬として、発汗、解熱、鎮痛、鎮痙を目的に使用されています。

2013.06.08.New-2015.04.Re
ハマボウフウ Glehnia littoralis Fr.Schmidt ex Miquel 撮影地・東京都薬用植物園
このページのトップへ↑