ブタナ(別名:タンポポモドキ)(キク科)
ヨーロッパ原産の帰化植物で、世界的にも勢力を伸ばしている多年草です。日本でも、環境省の要注意外来生物リストに載っています。 ブタナ(豚菜)の名前は「豚のサラダ」という英名(訂正・仏名)の直訳からきています。 別名に タンポポモドキもありますが、ブタナと呼ばれる方が多いようです。

タンポポに似ていますが、花茎は硬く、長さは30cm〜50cm内外になります。途中で数本(1〜4本)に分枝し、それぞれの茎頂にタンポポに似た頭花を1個つけます。 花期は5月〜9月と長く、環境によっては12月初めに開花することもあります。

葉はロゼット状につき、縁は波状に凹凸があり、表には粗い毛が密生しています。花茎にはロゼット状の葉と同型のものはつかず、小さな鱗片化したものが幾つかつきます。 繁殖力が強く群生することもあり、根生葉が地面を被うことで、他の植物が発育不良や枯死することもあります。 根が深く、地上部を刈り取っても駆除できないことから害草とされています。目にする機会が随分増え、在来種への影響が懸念されます。
属名 Hypochaeris [ 異綴り Hypochoeris ] は、語源不明(未確認)。種小名 radicata は、根のある( radicans )の意味。

 (訂正・仏名) : 豚のサラダは、フランスの俗名 Salada de pore の訳から。英名は、Cat's ear ネコの耳。

2004.12.New-2014.12.Re
ブタナ 別名:タンポポモドキ  Hypochaeris radicata L. [ 異綴り Hypochoeris ] 撮影:武蔵野市、他
このページのトップへ