フジバカマ / ヒヨドリバナ (キク科ヒヨドリバナ属)

フジバカマ 生薬名:ランソウ(蘭草) 用途:浴剤

秋の七草で知られるフジバカマ(藤袴)は、関東以西の川原の土手などに生える多年草です。 中国原産の史前帰化植物で、日本へは薬用として持ち込まれたものが野生化したとみられています。近年は、生息環境の減少から、国内自生は絶滅危惧種U類(VU)になっています。

草丈は、1〜1.5mで、葉は、有柄で鋸歯があり対生、上部では長楕円形、下部では3深裂します。 8〜10月ころ、淡い赤紫色の筒状花を茎頂に散房状につけます。花冠の先は、浅く5裂し、長く飛び出た雌しべの白い花柱が目立ちます。 花には芳香がありますが、個体差もあり、ほとんど感じられないこともあります。

全草を乾燥すると、生葉ではなかったクマリンの香りがでるので、浴剤として利用できます。 昔は利尿剤として飲用したようですが、肝障害を起こす有害成分ピロリジジンアルカロイドを含むことが分ったため飲用は不適当となりました。
フジバカマ Eupatorium fortunei Turcz.
syn Eupatorium japonicum Thunb.
フジバカマの花 撮影:東京都薬用植物園
フジバカマは、山上憶良の和歌から、秋の七草のひとつとされています。 唐代の中国では香りが邪気を払うとして、春、若者がフジバカマの若葉を採る習慣があったそうです。 当時は一級品の薬草とされており、遣唐使であった山上憶良はこの文化を考慮して七草にいれたとみられています。 ただ、万葉集でフジバカマを詠んだ歌は、憶良の1首だけなので、一般的ではない植物だったとも考えられます。

園芸店でフジバカマと称して販売されているものは、他の品種や交雑種であるケースが多く、フジバカマそのものはほとんど出回っていないようです。 普通、園芸種のサワフジバカマ Eupatorium × arakianum が販売されています。 サワフジバカマは、茎の色が赤味を帯び、花冠の色が濃く、サワヒヨドリに似ています。葉は茎の上部でも深裂する傾向があります。

属名 Eupatorium 、種小名 fortunei ともに人名由来。
茎下部の深裂した葉


ヒヨドリバナ / ヨツバヒヨドリ / サワヒヨドリ
ヒヨドリバナは、多年生の草本で、日本全国に分布しています。 草丈は、1〜2mと高くなり、草原や林縁などに広く自生します。葉は、長楕円形で対生し、鋸歯があり、先端は尖りますが、変異もまた多くあります。 名前はヒヨドリの鳴く頃に咲くことからつけられたとされています。

ヨツバヒヨドリは、ヒヨドリバナの変種で、やや高度のあるところに分布しています。葉は、3〜5枚輪生します。 ヒヨドリバナとは、花の形状では区別は難しく、葉の形態で判断します。
ヒヨドリバナ
Eupatorium chinense L. var. simplicifolium Kitamura
ヨツバヒヨドリ
E. chinense L. subsp. sachalinense Kitamura
サワヒヨドリは、日本全国の湿った土地や湿原などにある多年草です。草丈は、あまり大きくならず50cm程度。 葉は、楕円形でヒヨドリバナと比べると小さく鈍鋸歯になります。普通、単純に対生しますが、同一箇所から3枚でて6枚の輪生のようになることもあります。 8〜10月、白色から淡い紅紫色の花を咲かせます。

種小名 chinense 中国の、変種名 simplicifolium 裂けない葉を持った、亜種名 sachalinense サハリンの、種小名 lindleyanum は、人名由来。

ヒヨドリバナ、ヨツバヒヨドリ、サワヒヨドリ、撮影:箱根湿生花園

2013.10.16.New
サワヒヨドリ Eupatorium lindleyanum DC.
このページのトップへ