ゴボウ  キク科

ゴボウ 生薬名:ゴボウシ( 牛蒡子 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

ゴボウは、日本人にはキンピラや煮物として馴染み深い食材ですが、食用利用は少なく、他にはヨーロッパで若葉をサラダとすることがある程度とされます。 特に根を食用とするのは、日本と朝鮮半島だけで、中国でも食べないといわれています。縄文初期以前の古い時代の渡来とされ、薬用目的で伝えられたとみられています。

多年草で、1年目は、長い葉柄のある根生葉だけをつけます。葉身は心形、葉裏には細毛があり、葉縁は波打ちます。 2年目に高さ1〜1.5mの花茎を立ち上げ、茎頂付近で数本に分枝し、それぞれの先端に蕾をつけます。花期は初夏(6〜7月)、硬いトゲ状の総苞に包まれた花径3〜4cmほどのアザミに似た花を咲かせます。 トゲは先端が湾曲して、動物の毛などに着きやすくなっていて、動物を利用した種子散布を行います。面ファスナーは、このトゲにより野生のゴボウの仲間が服についたことをヒントに作り出されたといわれます。
種子を生薬名・ゴボウシ( 牛蒡子)、別名・悪実(アクジツ)といい、発汗や利尿を目的として漢方に処方されます。

 悪実(アクジツ)  :  果実がトゲに囲まれ形が悪いとしての呼称。

属名の Arctium はギリシャ語の熊・アルクトスを由来としています。果実のトゲが熊の毛皮に似ているからとの説がありますが、他説もあるようです。 種小名 lappa は、ゴボウを意味するラテン名。

2013.04.New-2014.12.Re
ゴボウ Arctium lappa L. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ