ハハコグサ / チチコグサ (キク科)

ハハコグサ(母子草)チチコグサ(父子草)は、同じ Gnaphalium 属としていましたが、 ハハコグサは Pseudognaphalium 、チチコグサは Euchiton に属名を変更します。
また同じページに載せていた チチコグサモドキ/ウラジロチチコグサは、Gamochaeta として別ページに移動しました。
ハハコグサは、御形(オギョウまたはゴギョウ)の名で呼ばれる春の七草のひとつです。 全国の道端などで普通に見られる2年草で、秋に発芽して、ロゼットの状態で冬を越します。七草として摘まれるのは、大きくなる前のこのころで、草餅などに利用されました。

ハハコグサの葉や茎は、やわらかい白い毛に被われ、青緑色地のフェルトを連想させます。 春に基部から分枝して茎を立ち上げ、茎頂に黄色い頭花を多数つけます。 通常、花期は4〜6月、条件によっては秋に開花※1することもあります。 茎につく葉は互生、幅の狭い倒披針形で、葉柄には翼があり、やや茎を抱くようにつきます。草丈は、10〜30cmほど。発生量が多く、耕作地に入ると強害草になります。

古名 ほうこぐさ は、種子の冠毛がほうけ立つ様子からつけられたとみられます。ハハコグサ(母子草)は、古名が元となったと推測され、千年以上前の創作による名前とされます。 種小名 affinis は、(他種※2に似ている、関連があるということで) 近似の、酷似したの意味。
属名の Pseudognaphalium※3 は、シノニムの Gnaphalium フェルトの元になった言葉 gnaphallon 一握りのむく毛 に、Pseudo 偽の がつけられたものです。 Gnaphalium は、ハハコグサ属と呼ばれていたので、単純に考えれば Pseudognaphalium は、ニセハハコグサ(偽母子草) 属になります。 少し違和感がありますが、ハハコグサはニセハハコグサ属?※4に分類されます。

※1 開花 : 別種の アキノハハコグサ Gnaphalium hypoleucum DC.は、秋が花期。ハハコグサと異なり、茎の上部で分岐する。
※2 他種 : ハハコグサに類似するという「他種」については確認していない。
※3 Pseudognaphalium : 分類表記を変更したので、学名の由来説明も変えた。
※4 ニセハハコグサ属? : この名称は、当サイト管理人が、思い付きで書いたもので、学術的には意味がない。
ハハコグサ Pseudognaphalium affine (D.Don) Anderb./ syn. Gnaphalium affine D.Don 撮影・東京都

チチコグサ(父子草)は、日本全国に分布する多年草で、やや乾いた丘などに生育します。和名は母子草に対しての命名とみられます。 ハハコグサと比べると茎は細く、草丈も10〜20cmほどと低く、地味な印象を受けます。個性的な姿をしていますが、華やかさがない所為か、観賞用としての需要もないようです。

葉は線形、表面は綿毛がうっすらと生え、くすんだ濃緑色、裏面は綿毛が密生し白くなります。冬はロゼット状になり、春以降に花茎を立ち上げます。 茎につく葉は互生で、根生葉よりも細く、数は少なく数枚です。綿毛は茎も被います。
花茎は枝分かれせず、茎頂に多数の頭花が集まる花序をつけます。花期は5〜10月、頭花は茶褐色で、総包は先端がすぼまります。 花序の直下には、数枚の総苞片が放射状について目立ちます。
果実には冠毛があり、風に乗り散布されます。種子繁殖の他に栄養繁殖も行い、ほふく茎を延ばして先端に新しい株をつけ、小さな集団をつくりながら拡がります。

属名の Euchiton は、eu 良い + chiton チュニック と思われるが、どの部分を例えたのか由来不明。種小名 japonicum は、日本の。

2005.05-2014.12.Re
チチコグサ  Euchiton japonicus (Thunb.) Anderb./ syn.Gnaphalium japonicum Thunb.

このページのトップへ