ハルジオン 春紫苑 / ヒメジョオン 姫女苑 (キク科)

どこにでも生えている・・・
ハルジオン(春紫苑)とヒメジョオン(姫女苑)。両種は、開花期にずれがあり、4〜5月に咲くのは、ハルジオン。ヒメジョオンは、5月から晩秋まで。 子供の頃、良く似た両種をまとめて「貧乏草」と呼んでいました。貧乏草はいつまでも咲いていると思っていましたが、途中でそっくりさんに交代していたんですね。

ある植木屋さんの言葉によれば、2003年の気候は、植物にとって夏が2度あったことになるそうです。2度目の夏は、暑くなる前に涼しくなってしまったとのこと。
2004年1月、年が改まっても涼しい夏と勘違いしているのか、咲き続けているヒメジョオンがあります。この貧乏草が咲いている間は、日本経済の回復基調は無理なのか? それとも逆風下でも健気に生きようとする庶民の姿ととらえるか?

2004.01.

後で知ったことですが、実際には、ヒメジョオンは花期が長く、初冬まで咲くていることも珍しくないようです。なぁんだ。 2008.08.

「貧乏草」という俗称の由来は、きれいに手入れをされた庭には生えていない、 手入れの行き届かない貧乏な人の周囲に生えているからということで、ヤブカラシがこの理由で「貧乏カズラ」と呼ばれています。 触ると貧乏になるという言いがかりのような説もあるようです。その他の別称としては、線路に生えているので「鉄道草」とも呼ばれました。

ハルジオンは大正時代に入ってきました。 種子で増えるヒメジョオンに対して、ハルジオンは多年草で根茎でも増えることから、抜き取りだけでは根絶は困難な外来植物です。 当初、観賞用に移入されたものが、今では害草扱いと立場が大きく変わってしまいました。 時代劇で撮影されることも度々あり、時代考証としては間違っていますが、あまりにも普通にあるので、仕方がないのでしょう。
ヒメジョオンと混同して、「ハルジョオン」といわれることや、ハルシオンと呼ばれることもあります。 ハルシオンは、医療関係の人からは間違えられそうな呼び方です。

 ハルシオンの呼び方 :  薬のハルシオン・・・・トリアゾラム、睡眠導入剤のひとつ。



ヒメジョオンは、ハルジオンよりも前の明治時代(明治維新前という説もあります)に入って来ました。 和名を姫紫苑(ヒメシオン)にしたかったけれど、すでにその名前の植物があり、「紫」を「女」にして姫女苑(ヒメジョオン)になったとか。

ハルジオンと ヒメジョオンは、ともに北アメリカ原産の帰化植物です。両者は外見も類似していますが、下記の通り、判別はそれほど難しくありません。
比 較 表
和名ハルジオン  ヒメジョオン  
学名Erigeron philadelphicus L. Erigeron annuus (L.) Pers.
属名ムカシヨモギ属ヒメジョオン属
中空 中実(中は白いずい)
葉の根元が茎を抱く 茎を抱かない
つぼみ つぼみが茎ごとうなだれる あまりうなだれない
淡紅色白色から淡紅色
花期 4月〜5月 6月〜晩秋
その他多年草2年草

ハルジオンは、花期まで根生葉が残ります。花や葉の色は、やや濃いものの、つぼみが茎ごとうなだれるためか、全体に曲線の持つ柔らかな雰囲気があります。 ヒメジョオンの葉は、明るい緑色ですが、茎がまっすぐ立ち上がるので、直線的な印象を受けます。なお、類似の種として、葉の幅の狭い種類のヘラバヒメジョオンがあり、やはり帰化しています。
ハルジオン 撮影・東京都
Erigeron philadelphicus L.
属名 Erigeron は、eri 早い + geron 老人。白色の軟毛で覆われた早く花が咲くと云う意味。種小名 philadelphicus フィラデルフィアの。種小名 annuus は、一年生の。

※ Stenactis annuus (L.) Cass.から学名を書き換え

2008.08.-2014.12.Re
ヒメジョオン Erigeron annuus (L.) Pers.
このページのトップへ