ホタルブクロ / ヤマホタルブクロ(ホンドホタルブクロ) (キキョウ科)
シマホタルブクロ / イシダテホタルブクロ

ホタルブクロは、日本全国の低山にあって、明るい林縁や草原などに生育する多年草です。 茎は分岐せずに真っ直ぐに伸びます。葉は互生、茎の下部の葉は長い葉柄があり、上部では無柄になります。葉身は長い卵形で、鋸歯があり、葉の表面や茎など、全体に短毛があってザラつきます。

花期は6〜7月、葉腋に長さ5cm程度の釣鐘型の花をつけます。花冠にはまばらに軟毛があり、白色からごく淡い赤紫色、内側には紫色の斑点があります。雄しべは5本、雌しべは1本。 雄性先熟※1で、花粉は、開花前に花柱の周囲に付着します。 開花時には雄しべは萎れていて、昆虫は雌性期前の花柱※2についた花粉を媒介します。


ホタルブクロ Campanulra punctata Lamarck 撮影 東京都薬用植物園
※1 雄性先熟 : 同花授粉(自家受粉)を避けるシステム。 開花時の初めは、雄しべが成熟して花粉を放出する「雄性期」、花粉を出し終わると雌しべが成熟する「雌性期」となる。雌性先熟型の植物もある。
※2 雌性期前の花柱 : 開花時には、柱頭が開いていないことからの推測による。
ヤマホタルブクロは、ホタルブクロの変種で、本州中央の山間部に自生します。 花期はホタルブクロと同じ6〜7月ごろ、花冠は淡赤紫色、ホタルブクロよりも色が濃くなります。
別名 ホンドホタルブクロ。

ホタルブクロとは、ガクの形で区別ができます。ホタルブクロは、ガク裂片が細く、ガク裂片の間(湾入部)に付属する小さな裂辺が反り返ります。 ヤマホタルブクロは、ガク裂片の幅が広く短く、湾入部に付属体はなく、半球形に膨らみがあります。

ホタルブクロの命名由来には、子供が捕まえたホタルを花冠に入れて遊んだからという説、花を提灯の別名「火垂る(ホタル)」に見立たという説があります。 属名 Campanulra は、小さな鐘、種小名 punctata は、斑点のある。花冠の形と模様からつけられています。変種名 hondoensis は、本州のの意味。
ヤマホタルブクロ(ホンドホタルブクロ) 撮影 東京都
Campanulra punctata var.hondoensis(Kitam.)Ohwi


伊豆諸島、関東の太平洋岸には、シマホタルブクロ が自生します。 草丈は30cmほど、葉には小さな鋸歯があり、全体にある短毛は、前の2種より少なくなっています。
花冠は3〜4cmと小さく、白色で内部の斑点は目立たず、花数は多くつきます。ガク裂片の湾入部の形状については、小さく反り返るもの、ほとんどないものとが混在します。 花期は、前2種よりも少し遅れて咲きます。

初めは伊豆諸島のものが命名されたため、島「シマ」とついています。 変種名の microdonta ※3 は、小さい歯状の、微細な歯のあるの意味。

※3 microdonta : micro + dentatus? 葉の鋸歯が小さいからか?語源・由来ともに不明。

ホタルブクロ、ヤマホタルブクロの開花は、同花授粉(自家受粉)を避ける形で進行します。 それに対してシマホタルブクロは、自家受粉を認めるタイプ(自家和合性)に変化しています。 島では小さな昆虫しかいないために、花を小さくし、またポリネーターが不在であっても存続できるように自分で種子を作るようになったとみられています。

2004.06.-2014.12.Re
シマホタルブクロ 撮影 東京都薬用植物園
Campanula punctata
var.microdonta (Koidz.) Ohwi
イシダテホタルブクロ 石立蛍袋 は、徳島県石立山に産するホタルブクロの変種です。 自生地が石灰岩地の貧栄養な環境(と推測される)に生育するためか、草丈は10〜30cmと矮小化しています。

根出葉は葉柄があり、卵心形から長卵形、茎につく葉は少なく、無柄で狭卵形をしています。葉縁には不規則な鋸歯があり、全体に粗毛が多くつきます。 花期は6〜7月、花冠は淡紫色、長さ3〜4cmと丈の割に大きな花をつけます。ガク裂片は細く、ガクの湾入部に付属する小裂片は反り返ります。

変種名 kurokawae は、人名由来(クロカワの)とみられるが不明。

栽培に際しては石灰岩地の地質でなくても栽培可能とされます。また、高山性のホタルブクロと外見に類似点があることから、貧栄養でかつ高山性の地域的な変種とも思われますが未確認です。

2014.12.23.New
イシダテホタルブクロ 撮影 東京都薬用植物園
Campanula punctata var. kurokawae

このページのトップへ