キキョウ  キキョウ科

 キキョウ  生薬名:キキョウ(桔梗根) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品

キキョウは、東アジア地域に自生する草丈は50〜80cm内外になる多年草です。 秋の七草のひとつとしても知られ、丈の割に大きな花をつけることから、観賞用でも人気があります。 園芸店でもごく普通に見られますが、日本の野生のものは絶滅危惧種になっています。

茎は、あまり太くならず、葉は互生、長楕円形で縁には鋸歯があり、先が尖ります。花期は、7〜10月のうちの主に盛夏を中心に咲きます。 花は、葉腋や茎頂につき、花冠は青紫色で、先は5裂して星形になります。両性花ですが、雄性期と雌性期があり、開花直後は雄性期で、柱頭は閉じています。 5本の雄しべが花粉を出した後、柱頭が5裂して雌性期になります。

薬用部位の根は、オタネニンジンに似た外観をしています。キキョウサポニンなどを含み、鎮咳、去痰、鎮静、鎮痛、抹消血管拡張作用などがあります。 製薬原料や漢方処方に利用されていますが、溶血作用もあるので、用法容量には注意が必要です。

朝鮮半島では、キキョウのことをトラジといい、山菜として食用にしています。 学名の Platycodon は、広がった釣鐘、glandiflorum は、大きな花を意味します。

Platycodon glandiflorum form.albiforum


キキョウ(桔梗根)・・・生干し桔梗
 秋の七草 : 万葉集にある、山上憶良の秋の七草の歌が有名。
萩、尾花(ススキ)、葛、撫子(カワラナデシコ)、オミナエシ、フジバカマ、アサガオ
現在で言うアサガオが日本に来たのは、もう少し後の時代とされる。 他にもアサガオの登場する歌があり、花の内容は、@秋の野で、A目立ち、B朝も夕方も(一日中)咲いている、という特徴がある。 そこで、万葉集にでてくるアサガオは、キキョウを指しているとする説が有力。なお、七草は、時代によって異なる組み合わせのものもある。


2004.09.New-2013.01.Re
キキョウ Platycodon glandiflorum A.DC.撮影・東京都薬用植物園、他
雄性期。開花直後、柱頭はすぼんでいる 雌性期。雄しべは役割を終え、柱頭が開いている
このページのトップへ↑