アキノノゲシ(キク科)

春に咲く ノゲシ 野芥子 に対して秋に咲くので アキノノゲシ 秋の野芥子。 全国の陽当りの良い野原や道端に普通にみられる2年草で、草丈150cm程度になります。 道端の草本類の中では大型であるため、よく目立ちます。

10〜11月に、茎頂付近が多数に分岐して、それぞれの先端に径2cm程度の頭花をつけます。頭花は花弁がクリーム色の舌状花からなり、昼間だけ開き、夕方にはしぼみます。 種子(痩果)は黒い扁平な楕円形で、白い冠毛があり、風で広範囲に種子を飛ばします。

茎につく葉は柔らかくて互生、羽状に深い切れ込みがあり、上部に行くに従って切れ込みが少なくなります。結球しないレタス Lactuca sativa の仲間で、葉や茎をちぎると白い液 (乳液)をだします。 属名の Lactuca は、ラテン語の乳 lac から。種小名 indica は、インドの。変種名 laciniata は、細く裂けた。
アキノノゲシには、葉に切れ込みのないタイプがあり、ホソバアキノノゲシと称することがあります。 母種との間には連続した形態があるとされ、分類上は変種の次の品種扱いになっています。品種名の indivisa は、分裂しない、連続したの意味。

乳液 : キク科タンポポ亜科やガガイモ科(新エングラー、APG分類では、キョウチクトウ科) を初めとして、乳液をだす植物は3万種以上あるといわれ、植物の防衛手段とみられている。乳液には昆虫にとって有毒な成分や酵素を含むことが多いとされる。 また、ベタつくことで幼虫が張り付いて動けなくなるという物理的な防衛効果もある。同時に、傷口から外界の細菌などが入り込まないように、植物が自身を保護するという事後の対応としても有効である。 より多くの食害を防止しようという植物側の作戦は、食糧を獲得しなければならない昆虫にとって、命に関わる問題である。昆虫側も、乳液が出ないような食べ方など、これに対抗する手段を編み出すものがいる。 まるで、際限のない軍拡競争のようだが、植物と昆虫(動物)の攻防も大変興味深い。

2005.11.-2013.11.Re
アキノノゲシ 撮影・茨城県 他
Lactuca indica L.var.laciniata
ホソバアキノノゲシ
Lactuca indica L.f.indivisa  


ノゲシ / オニノゲシ (キク科)
ノゲシは、全国の道端などに普通に見られる2年草です。 ケシに葉が似ているところから「野」芥子 ノゲシの名前。農地では、害草とされ、史前帰化植物とみられています。

草丈は50〜100cm程度になり、茎は中空です。葉は互生、不揃いな鋸歯があり、柔らかく触っても痛くありません。 茎の上下で形が変り、下部では、長い葉柄があって羽状に深い切れ込みが入ることもあります。上部の葉は切れ込みが少なくなり、葉柄はなく基部は茎を抱きます。
茎の上部で分枝して、5〜7月を中心に、春から秋にかけて花径2cm程度の舌状花からなる黄色い頭花をつけます。 種子の冠毛は球形状につき、種子(痩果)は茶色、扁平な紡錘型をしています。全体に次項のオニノゲシに似ますが、葉のトゲ、表面の光沢で区別できます。
左:ケシ(Papaver somniferum L.) 右:ノゲシ
アキノノゲシに対して、ノゲシはハルノノゲシ(春のノゲシ)ということもあります。どちらも、柔らかい若葉や蕾が食べられるとのことですが、単に茹でるだけの調理では苦味や渋味が残ります。 茹でた後に冷水に浸すなどアク抜きが必要で、無理すれば食べられるということのようです。次項のオニノゲシについては、可食とするものはごく少数です。 属名 Sonchus は、キク科のいくつかを指すギリシャ古名。種小名 oleraceus は、食用蔬菜の、畑に栽培の。ただし、食味は上記の通り。
舌状花が白色のタイプを、ウスジロノゲシ Sonchus oleraceus f. lilacina といいます。従来からあった種の変異なのか、新たに別の品種が帰化したものか不明です。 

ノゲシ Sonchus oleraceus L. 撮影・青梅市
羽状深裂の葉と球形状の冠毛



ノゲシに良く似ている オニノゲシは、ヨーロッパ原産の帰化植物です。草丈は1〜2mとノゲシより大きくなり、やはり農地では害草となります。 ノゲシと比較すると、葉の鋸歯がトゲ状に鋭くなっていて、明るい緑色、葉の表面は つやがあります。ノゲシのトゲは柔らかく、触ってもいたくありませんが、オニノゲシはトゲがチクチクとします。
花期は、5〜10月で、ノゲシと似た花をつけます。種小名 asper は、ざらざらした。

ノゲシとオニノゲシは、葉により区別ができます。
ノ ゲ シ :
 ・表面に艶はない
 ・柔らかい
 ・形はクサビ状
オニノゲシ :
 ・表面に艶がある
 ・トゲが鋭い
 ・トゲトゲの耳たぶ状

2008.09-2013.11.Re
オニノゲシ 撮影・西東京市
Sonchus asper (L.) Hill

このページのトップへ↑