オケラオオバナオケラシナオケラホソバオケラハマオケラ キク科

オケラ / オオバナオケラ 生薬名:ビャクジュツ(白朮) [ 局 ] 用途:漢方薬
昔から「山でうまいは、オケラにトトキ、里でうまいは・・」といわれたオケラは、若芽のおいしい野草として知られます。 種小名は、japonica(日本の)ですが、日本の他に朝鮮半島や中国にも分布しています。 茎は細く硬く、草丈30〜100cm程。葉の質は硬く、互生で葉縁には刺状の鋸歯があり、茎の下部の葉は3裂します。花期は、9〜10月頃で、白から淡い紫色の管状花だけからなる頭状花序をつけます。 頭花の下につく魚の骨を思わせる苞葉は、羽状の刺があります。雌雄異株。

古名はうけら。うけらの由来は諸説あり不明ですが、「おけら」は「うけら」が訛ったもの。 京都の八坂神社の「をけら詣り」「白朮祭(をけらさい)」は、オケラが関係した祭事です。 屠蘇散の原料など、古くから薬用として利用されてきましたが、国内では個体数を減らしていて、流通している生薬は輸入品です。 輸入先については、当初韓国が中心であったものが、北朝鮮へ、また中国からと広がっていて、採取可能な個体の減少を示唆しています。

八坂神社 をけら詣り : 大晦日の夜、灯籠の火を火縄にうけて持ち帰り、神棚の灯明や、雑煮を炊く火種に使い新年を祝う行事。 火を消さないように火縄を回しながら帰る光景は、京都の正月を代表する風物詩のひとつとして知られる。また元旦早朝からは屠蘇散の一種「をけら酒」がふるまわれる。

オオバナオケラは、オケラの近縁種で中国原産、日本の自生はなく、名前の通り大きな花をつけ、管状花は紅紫色をしています。 草丈は 30〜80cm程(栽培種)になります。葉は倒卵形で、縁には刺状の鋸歯があり、種小名 ovata(卵円形の)は葉の形から。

2種の根茎は、生薬名・白朮(ビャクジュツ)といい、芳香性の精油を含みます。 健胃、利尿、強壮薬、止汗を目的として、十全大補湯、当帰芍薬散などの重要な漢方処方に配合されています。 基原植物によって、オケラは 和白朮、オオバナオケラは 唐白朮と区別する場合もあります。
オオバナオケラ  撮影地・東京都薬用植物園
Atractylodes ovata DC.
オケラ  撮影地・小石川植物園
Atractylodes japonica Koidzumi et Kitamura
ハマオケラ
オケラの海岸型の変種。葉はオケラよりやや厚く、海岸沿いの草地に生えます。薬用としての利用は不明。変種名 coriacea は、革質の、強靭な。

ハマオケラ 撮影地・つくば実験植物園
Atractylodes japonica var.coriacea


初め、朮は同じ扱いだったものが、6世紀ごろから、白朮と蒼朮に使い分けられたとされています。
成分を比較すると、白朮の主成分はアトラクチロンであり、蒼朮に含まれるアトラクチロジンは含まれないとしています。 蒼朮には、アトラクチロンは含まれないか、ごく微量とされ、その他の精油成分が多いなど、ふたつの朮の成分的な特徴があるとされています。
これらの成分は種の持つ特性とみられることから、人為的に種間交雑を起こして含有成分の変化を確認する調査も行われました。 しかし、それとは別に中国では交雑とはみられない個体群から、成分構成の異なるものも見つけられています。朮に限らず、生薬は、まだ分からないことが多いようです。

ホソバオケラ  / シナオケラ  生薬名:蒼朮(ソウジュツ) [ 局 ] 用途:漢方薬
中国原産のホソバオケラの根茎は生薬名を蒼朮(ソウジュツ)といい、日本よりも中国で多く使用されています。 白朮と類似の生薬成分ですが、使用目的も健胃、利尿、発汗、解熱と若干異なります。 江戸時代、日本の各地に移入され、新潟県佐渡市( 佐渡ケ島 )では別名「サドオケラ」と呼ばれ栽培が続けられてきました。 原産地の中国で資源の減少、品質の低下が危惧されるなか、ホソバオケラの優良な系統が保存されてきたことは大きな意味を持ちます。種小名 lancea は、槍のことで、形から披針形を意味します。

シナオケラは、中国河北省などに産しますが、精油成分はホソバオケラより劣っているとされます。 近年では、ホソバオケラと形態上の相違点が見られないとして、同じ A.lancea とする説もあります。

2005.12.New-2012.11Re
ホソバオケラ Atractylodes lancea DC.  シナオケラ Atractylodes chinensis Koidzumi
撮影地・東京都薬用植物園
このページのトップへ↑