オミナエシ  オトコエシ  キク科

オミナエシ
オトコエシ 
生薬名:敗醤根( ハイショウコン ) 用途:漢方薬
オミナエシは、日当たりの良い草原に自生する多年草です。 草丈は100cmほど、茎下部の葉は、深裂して羽状になります。8〜10月に茎の上部で分岐して、散房状に径3〜4mmの黄色い小花を多数つけます。 花冠の先は5裂して、雄しべは4本、雌しべは1本あります。
名前のオミナは「女」、小花を飯にみたてて、メシが訛って「エシ」になったという説があります。漢字の女郎花(10世紀以降の表示)は、女郎の化粧のように匂いが強いからとされます。 茎や根に特異な臭いがあり、茶花としては好まれず、秋の野で見る花といえます。 臭いの元は、イソ吉草(きっそう)酸とボルネオールで、生薬名を敗醤根といい、漢方では利尿・排膿に処方されました。 属名 Patrinia は、人名由来。種小名 scabiosaefolia は、マツムシソウ属(Scabiosa、かさぶたのある scabiosus から)のような葉の。
オミナエシ Patrinia scabiosaefolia Fisch. 撮影・東京都薬用植物園
オトコエシは、草丈は100cm程度で山野に普通にみられる多年草です。 花は白色、8〜10月に咲き、オミナエシと比較すると、茎は太く、葉も幅が広く、全体に毛が密生し、強い印象があります。 種子の他に、根元から走出枝(ランナー)をだして増えます。和名は、オミナエシよりもガッシリとしているところから。オミナエシ同様に敗醤根とします。種小名 villosus は、軟毛のあるの意。

 敗醤根 : オミナエシ・オトコエシは、日本の敗醤根。中国では別の植物を指す。

2013.10.New
オトコエシ Patrinia villosa Juss. 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ