ミシマサイコ / ホタルサイコ (セリ科)

ミシマサイコ 生薬名:サイコ( 柴胡 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

ミシマサイコは、昔、静岡県三島で採取された生薬・柴胡の品質が良かったため、地名が付いてミシマサイコと呼ばれるようになりました。 アジアの温帯各地に自生する多年草です。
草丈は、50〜80cm内外。茎は直立し、上部で分枝します。葉は、線形で互生、全縁で先は尖っています。夏から秋にかけて、複散形花序に黄色の小花をつけます。
5弁花で、花弁は内向きに巻きます。

薬用には、根を利用します。解熱、抗炎症を目的に小柴胡湯などの漢方に処方されます。
ミシマサイコ Bupleurum falcatum Linnne
撮影:東京都薬用植物園

属名 Bupleurum は、牛の肋骨を意味しますが、命名由来は諸説あり不明。種小名 falcatum は、鎌状の の意味で葉の形からと思われます。

ホタルサイコ

ホタルサイコは、ミシマサイコに比べて、葉の幅が広く、基部が茎を抱くので区別ができます。 日当たりの良い草地などに自生し、花はミシマサイコより小振りですが、草丈は大きくなり 1mを越えます。薬用としての利用はないとされます。

種小名 longiradiatum は、longus 長い + radiatus 放射状の から、放射状に長い。 変種名 elatius は、より高いの意味。

2013.08.-2014.12.Re
ホタルサイコの葉 撮影:東京都薬用植物園
Bupleurum longiradiatum var. elatius
このページのトップへ