センダングサ属( キク科

センダングサの名前は、葉の形が落葉高木のセンダン(栴檀)の葉と似ていることからつけられました。センダングサの仲間には次のような傾向があります。
1年草で、茎には稜があり、断面は四〜六角 ※1をしています。葉は深裂して複葉となり、茎の下部では対生、上部では互生することもあります。
花は黄色い管状花で、周囲の舌状花は種によって有無、色、大きさが異なります。
果実は痩果で、細い棒状または扁平状で、熟すと放射状に広がります。痩果の先端には2〜4本の刺状突起(のぎ)があり、のぎには逆さに小さなトゲがついています。 これにより、いわゆる「ひっつき虫」 ※2となり広範囲に播種されます。 属名の Bidens は、bi 二 + dens 歯。果実に歯のような刺が二本あることから。

※1 茎の断面 : センダングサ属には、タウコギのように断面が丸い茎の種もある。
※2 ひっつき虫 : 動物の毛や人の衣服などに付く、種子、果実の俗称。 付着の方法は、逆さのトゲや、フック状のトゲ、また粘着物質によるものなどがある。
センダングサ
センダングサは、日本の在来種で、やや湿った荒地や川原などに見られます。 草丈は、50cm〜150cmになり、葉は1〜2回羽状複葉。種小名の biternata は、葉の「2回3出」の意味です。花は黄色の舌状花を1〜5枚つけるのが特徴です。
センダングサ 撮影・埼玉県
Bidens biternata (Lour.) Merr. et Sherff
センダングサは、外来種のコセンダングサと生息域が重複するため、その領域が侵食されています。 コセンダングサには黄色い舌状花がないことから両種の区別ができます。

コセンダングサ
草丈110cm位までとセンダングサよりやや小さいコセンダングサ。複葉の先端付近は、やや丸みを帯びます。 変異の多い種とされますが、基本形は、筒状花のみで舌状花のないタイプ。種小名 pilosa は、軟毛のある、毛で被われた。
コシロノセンダングサ別名シロバナセンダングサ
コシロノセンダングサは、コセンダングサの変種のひとつで、白い舌状花があります。 温暖な地域の肥沃な荒地などに生え、草丈は、90cmほどまでと、コセンダングサより小さく(minor)なります。花径は2cm程度、花弁の数は、普通5枚あります。
コセンダングサ頭花と痩果 撮影・東京都
Bidens pilosa L.var.pilosa
コシロノセンダングサ 撮影・滋賀県
Bidens pilosa L.var.minor (Bl.) Sherff
ハイアワユキセンダングサ 這淡雪栴檀草
ハイアワユキセンダングサは、コシロノセンダングサよりも大きな白い舌状花を持ちます。 コセンダングサの変種タチアワユキセンダングサの品種とされ、帰化している沖縄県では、いたるところで見られます。 茎はいったん横に這った後に、立ち上がる傾向があります。複葉は3小葉からなり(タチアワユキセンダングサは普通5小葉)、複葉の小葉の数が違いますが、2つを区別しないという見方もあるようです。
変種名 radiata は、放射状の。品種名 decumbens 横臥した(倒れているが根は出ない)の意。
ハイアワユキセンダングサ 撮影・沖縄県 Bidens pilosa L.var.radiata Sch.Bip f. decumbens

アイノコセンダングサ
コセンダングサとコシロノセンダングサの交雑種とされます。画像の個体は、コシロノセンダングサに比べて白い舌状花が小さく、花弁が完全に展開せず、また花弁の形態にもバラつきがあります。 花以外に特徴が不明であるためアイノコセンダングサとしましたが、該当の品種で正しいかは疑問が残ります。


アイノコセンダングサ 撮影・東京都
Bidens pilosa L. var.
intermedia Ohtani et Shig. Suzuki

アメリカセンダングサ
北アメリカからの帰化植物で、湿った荒地や水辺でよく見かけます。草丈は大きく、150cmほどになり、茎は普通、暗紫色をしています。 頭花下に葉状の大きな総包片※3を放射状につけます。

痩果は、他のセンダングサ属とは異なり、扁平な形をしています。種小名 frondosa は、葉面の広いの意。

※3 大きな総包片 : タウコギも同様の総包片がある。他のセンダングサ属は総包片が小さく目立たない。

2013.09.New-2014.12.28.Re
アメリカセンダングサ Bidens frondosa L. 撮影・山梨県
このページのトップへ