センキュウ(セリ科)

センキュウ 生薬名:センキュウ( 川弓・・・草冠に弓 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

センキュウは、中国原産の多年草で、草丈は30〜60cmになります。 7〜9月ごろ、白い小花を複散形花序につける株もありますが、全く結実しないため、栽培は株分けで行っています。
葉は、2〜3回出羽状複葉で、小葉は深裂し、細かい鋸歯もあります。全草に特有の強い香りがあり、栽培地に近づいただけでも感じることができます。

薬用部位は根茎を利用し、補血、強壮、鎮静、鎮痛を目的に、漢方に処方されています。 冷え症や、主に婦人向けの処方に、多くはトウキとあわせて配合されます。 種小名 officinale は、薬用の、薬効のあるの意。
センキュウ Cnidium officinale Makino 撮影:東京都薬用植物園
日本薬局方では、センキュウを Cnidium属(ハマゼリ属)としていますが、種子が確認できないことから分類がまだ確定していない種とされています。 近年、遺伝子の比較から、Ligusticum属(マルバトウキ属)の方が近いとする見解がでていますので、近い将来、学名変更の可能性もあります。

2013.05.New
このページのトップへ