スイカズラ (スイカズラ科)

スイカズラ 生薬名:ニンドウ( 忍冬 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

スイカズラは、日本原産の常緑つる性植物で、日当たりの良い場所に普通に見られます。 葉は対生し、長楕円形で先は尖り、基部は丸く、全縁で縁と主脈の葉裏には細毛があります。茎は細く、毛が生えています。
花期は、5〜6月。葉腋から出る短枝に花を2つずつ付けます。花冠の下部は筒状で、先端は5浅裂しますが、上が4、下が1の割合で上下に大きく2深裂します。 初め白く、後に黄色に変化することから、別名を金銀花ともいいます。雄しべは5本、雌しべは1本。秋口に黒い球形の実を2個ずつつけます。 地下茎でもよく繁殖をします。
和名の由来については、スイカズラの花の蜜を吸うことから説、花の形がものを吸うときの口の形に似ているから説。水辺に生えるので水を吸う葛という説など諸説あります。 属名 Lonicera は、人名由来。

生薬名をニンドウといい、葉と茎を薬用とし、解毒、抗炎症を目的に漢方に処方されます。また、蕾は、別名の金銀花を生薬名にもなっていて、解熱に利用されます。
スイカズラの花と果実 Lonicera japonica Thunberg 撮影:東京都薬用植物園

ツキヌキニンドウは、花の下の葉の基部が合着して楯状になります。 突き抜き忍冬の和名は、それを突き抜い花茎がでるように見えるため。種小名 sempervirens は、常緑の。英名 Trumpet Honeysuckle
ロニセア・ヘクロッティは、ロニセラ属の仲間の園芸品種です。どちらも観賞用。

2013.06.10.New
ツキヌキニンドウ 撮影:明治薬科大学薬用植物園
 Lonicera sempervirens Linn.  
ロニセア・ヘクロッティ 撮影:東京都薬用植物園
 Lonicera×heckrottii
このページのトップへ↑