タンポポ ( キク科タンポポ亜科

タンポポの葉は倒披針形で、羽状に深裂するものから、ほとんど全縁のものまで時期と個体により差があります。葉はロゼット状に展開。 花茎は中空で、ロゼットの中心部分からたちあがります。頂上の頭状花序は舌状花だけで構成され、この舌状花だけの頭花を持つグループはキク科タンポポ亜科に分類されます。 また、タンポポは、ちぎるなど傷をつけると白い乳液を出しますが、これがタンポポ亜科のもうひとつの特徴となっています。
タンポポは、開花後しなびたように花茎を横たえますが、エネルギーの消費を抑えるのが目的。種子が出来上がると、再び花茎を立ち上げ、綿毛(種子と冠毛)を球状に拡げます。 花床の種子は容易にはずれ、種子の先端から伸びる冠毛をパラシュート代わりに飛散します。
外来種 : セイヨウタンポポ / アカミタンポポ
当たり前に見られるタンポポですが、普通、全国の都市部にあるのは帰化種のセイヨウタンポポアカミタンポポです。 いずれも開花期が長く、受精しなくても種子のできる単為生殖であるため、多くの種子を作ることで勢力範囲を拡げています。最近はアカミタンポポが多く見られますが、セイヨウタンポポとの交雑の可能性も指摘されています。 また、近年の調査では、外見がセイヨウタンポポでも在来種と交配しているとみられるものが多いという結果も発表されています。遺伝子レベルの話ですから、取り敢えずは外見で判断すると、両帰化種は総苞の外側が反り返っている点で在来種と区別ができます。
種小名 officinale は、薬用の、薬になる。laevigatus は、無毛の、平滑なの意味。
セイヨウタンポポ Taraxacum officinale Weber 撮影・東京都内、他
実の赤いアカミタンポポ Taraxacum laevigatum (左)と セイヨウタンポポ(右)の冠毛

フランスではセイヨウタンポポは、野菜の品種もあり、遮光して軟白化したものをサラダに利用します。 名前は、ピサンリ。フランス語で Pisse en lit と綴り、意味は ベッドでおしっこ=おねしょ のこと。利尿作用があるとされています。 以前は、フランスでも春にタンポポの葉を摘んでいると、通りがかった近所の人から「おねしょしないようにね」というのが挨拶だったとか。 軟白化していなくても太陽を浴びた野のタンポポの葉も、少し苦味がありますがサラダとして利用できます。
在来種 : カントウタンポポ / カンサイタンポポ /  トウカイタンポポ / エゾタンポポ
2つの外来種と違い、在来種の多くは有性生殖であるため、4〜5月に一斉に開花します。種子を飛ばし、周囲の草が大きくなり陽が当たらなくなると、在来種は夏眠に入って地上部は枯れます。 一方、セイヨウタンポポは、夏眠をしないで一年中花をつけるため、日陰になるところでは生き続けられないことになります。都市部以外の適度な草地のある地域で在来種が残っている理由です。
タンポポ属を同定するには、自生地域と総苞の状態を観察するのが良いといわれます。総苞外片がそりかえっているか、角状突起があるか、大きさはなどです。 葉の形は、傾向としてあっても、個体差が大きいため確定的な判断材料にはならないようです。

カンサイタンポポは、関西地方に多く、本州中部から沖縄まで分布します。カントウタンポポと比較すると、全体的に細く、普通、総苞片の角状突起はなく、頭花も小さいものになっています。
種小名 japonicum は、日本のの意。

カントウタンポポは、関東周辺にあって、総苞片は上向きにつき、角状突起があります。トウカイタンポポとエゾタンポポの中間種とみられています。
種小名 platycarpum は、大きな果実のの意。

トウカイタンポポ(ヒロハタンポポ)は、千葉県から東海地方にあって、総苞外片が長く、角状突起が最も大きくなります。 以前は、葉の広い種類をヒロハタンポポとしていましたが、葉の幅だけでは分けられないとして、現在はトウカイタンポポと同種とされています。
種小名 longeappendiculatum は、附属物のあるの意。

エゾタンポポは、総苞の角状突起がなく、頭花は在来種の中で最も大きくなります。中部地方から北海道まで分布していて、単為生殖を行います。 東北以北のものをエゾタンポポ、それ以外の地域のものをシナノタンポポ Taraxacum platycarpum subsp. hondoense として分ける説もあります。
種小名 hondoense は、本州のの意。
カンサイタンポポ
Taraxacum japonicum Koidz. 撮影・滋賀県
カントウタンポポ
Taraxacum platycarpum Dahlst. 撮影・茨城県

トウカイタンポポ
Taraxacum longeappendiculatum Nakai 撮影・静岡県
エゾタンポポ
Taraxacum hondoense Nakai 撮影・東京都
シロバナタンポポ
シロバナタンポポは、普通、花が黄色のタンポポ属には珍しい白い花弁※1をしています。 関東地方以西に自生していて、他のタンポポ属と比較すると、葉の色は、やや薄い緑色をしています。 総苞片には大きな角状突起があり、内片外片とも反り返るのが特徴です。また、エゾタンポポと同じように単為生殖を行います。
種小名 albidum 淡白色のの意。

※1 他に花の色が違う種類としては、東北地方に、ごく淡い黄色のウスギタンポポ(別名オクウスギタンポポ)
Taraxacum shinanense または Taraxacum denudatum がある。 総苞外片に角状突起がないことでシロバナタンポポと区別される。 岡山周辺では、シロバナタンポポより草丈(花茎)の低い キビシロタンポポ Taraxacum hideoi がある。


タンポポ属の観察では同定に至らない中間的形質の個体があって、分類が難しいグループのひとつにあげられています。 これはタンポポ属が、種として分化し終わっていない、まだ途中のグループであるためとみられています。
シロバナタンポポ
Taraxacum albidum Dahlst. 撮影・茨城県

タンポポ ※2 生薬名:ホコウエイ(蒲公英) 用途:民間薬・食品
※2 ここでいうタンポポは、在来種のタンポポとセイヨウタンポポを含みます。
タンポポのゴボウのような根と茎葉を一緒に抜きとり、洗い乾燥したものが蒲公英。煎じて民間薬の領域で健胃、利尿、催乳などに用いられます。 在来種だけでなく、セイヨウタンポポも利用でき、効き目としては両者に差はないとされます。
タンポポの根は、コーヒーの代用にもされます。根を刻んでローストしたものが、タンポポコーヒーとして販売されています。 カフェインを含んでいないため、授乳期などカフェインを摂りたくない場合に利用されています。葉がサラダに利用できるのは、先述の通り。

2002.09. New-2014.12.Re
このページのトップへ