タラヨウ (モチノキ科)

トップページの続き(一部重複)

タラヨウは、本州(静岡県以西)太平洋岸、四国、九州などの暖地に分布する常緑の高木です。 葉は互生、葉縁には鋸歯があり、革質で厚く長楕円形、葉身は長さ10〜18cm前後、幅4〜7cm程度になります。 葉の表面は光沢があり、裏面は葉脈の目立たない明るい緑色をしています。雌雄異株で、4〜5月頃、葉腋にまとめて黄緑色の花をつけます。 雄花には、4本の雄しべがあり、雌株には雌しべと4本の退化した雄しべがあります。 果実は球形で径7mm前後で、秋が深まってから赤熟します。

品質は未確認ですが、モチノキやヤマグルマなどと同様に樹皮から鳥もちを採取したとのこと。 現在では、狩猟に鳥もちを使うことは鳥獣保護法違反になります。
タラヨウの葉は、裏面にきずをつけると、色が黒く変ります。 これは、キズつけられた細胞が細菌感染などから防衛するための現象で、褐変反応※1と呼ばれます。 この現象を利用して、昔、子供が字を書く練習に使ったとか、手紙に利用したとかいわれています。 葉書※2の語源になったともいわれ、このことから郵便局の木とされていて、郵便局に植えられていることもあります。

※1 褐変反応は、タラヨウ以外の葉でも起こる。モチノキ科のものは、反応があるとされるが、タラヨウほど明瞭にはでない。 モチノキ科以外にもバラ科のセイヨウバクチノキなども、褐変反応で文字をかけるが、タラヨウほどの反応の速さはなく、また保存にもむかない。 タラヨウの葉の文字は、十年以上の期間、判読可能な状態で保存できるともいわれる。
※2 ハガキ状の郵便物は、紙である必要はなく、タラヨウの葉に文字を書いて、切手を貼っても郵送できるとされる。 ルール上は可能であるが、単独で郵送できる最少のサイズは、長さ14cm×幅9cmという規定がある。現実にはタラヨウの葉のサイズで、この条件を満たすものがほとんどない。実際に試すことは難しい。

属名の Ilex は、古代ラテン名より。種小名 latifolia は、広葉の。

2013.06.New-Re
タラヨウ Ilex latifolia Thunb. 雄花と果実 撮影:東京都薬用植物園
このページのトップへ↑