チチコグサモドキ / ウラジロチチコグサ (キク科 Gamochaeta 属)

当サイトでは、 チチコグサモドキ、ウラジロチチコグサを Gnaphalium ( ハハコグサ)属に含めていましたが、同属から分けて Gamochaeta 属に変えて再掲します。 新属名は、冠毛の多いことからつけられたと思われ、gamos 結婚 + chaite 剛毛、長い髪 由来とみられます。


チチコグサモドキは、北アメリカ原産の2年草で、荒地や道端などに生育する帰化植物です。 茎は基部から分枝、あるいは直立して、高さ10〜30cmになります。葉の質はハハコグサよりも薄く、明るい緑色で、裏表とも白い毛に被われます。葉身は倒披針形、先は丸くなり、先端部が小さく尖ります。

頭花の色は薄い褐色で、下部には白い綿毛が多くつきます。頭花が集まって作る花序は、茎の上部の葉腋につき、いくつかの花序がついた茎は、それ自体が穂状花序であるかのように見えます。 花期は初夏から秋まで。本州以南の特に暖地で見られ、耕作地に入ると害草になります。

普通、モドキの名前は、類似種があってつけられます。本種とチチコグサの外見上の類似点は、総包の先端がすぼまる形くらいで、他には似ている点が余りないため、和名には賛否があるところです。

種小名 pensylvanica と pensylvanicum は、同義で、ペンシルバニアの。

 北アメリカ原産 : 熱帯アメリカ原産とするものもある。

チチコグサモドキ
Gamochaeta pensylvanica (Willd.) Cabrera
syn. Gnaphalium pensylvanicum Willd.
ウラジロチチコグサは、南アメリカ原産、日当たりの良い荒地や道端などに生育する多年草です。 冬はロゼット状で、密集して地表面を覆うため、在来種の生育に影響を及ぼしています。 1970年代に確認された比較的新しい外来種で、条件があえば草丈50cm以上になり一面に繁茂します。繁殖力が強く、駆除しにくい帰化植物のひとつです。

春に基部から横に分岐して、茎を叢生します。葉の質はチチコグサモドキよりも硬く、葉身は幅が広い線形から倒披針形、茎につく葉の縁は波うちます。 表面は光沢のある濃い緑色、葉裏と茎には毛が密生して白色に見えます。
頭花は、茎の上部に穂状にまとまってつき、開花前は赤紫色で、開花すると茶褐色に変ります。 花期は5〜9月と長く、種子には冠毛があり、風によって散布します。

種小名 coarctata は、密集した coarctatus の意味。シノニムの種小名 spicatum は、穂状花のある。
ウラジロチチコグサ
Gamochaeta coarctata (Willd.) Kerguelen
syn.Gnaphalium spicatum Lam.

Gamochaeta 属は、他にも帰化している種類があります・・・ 以下、 です。
ウラジロチチコグサに似ている ウスベニチチコグサ
  Gamochaeta purpurea (L.) Cabrera / syn.Gnaphalium purpureum L.
チチコグサモドキ似の  タチチチコグサ
  Gamochaeta calviceps (Fernald) A.L.Cabrera / syn.Gnaphalium calviceps Fernald
2005.05-2014.12.Re

このページのトップへ