トウキ 別名 オオブカトウキ ( セリ科

トウキ 生薬名:トウキ( 当帰 ) [ 局 ] 用途:漢方薬

トウキ( オオブカトウキ、ヤマトトウキ、ニホントウキ )は、高さ40cm〜90cm程度になる多年草です。 根を婦人薬として利用するために栽培され、全草に独特の強い芳香があります。日本では本州の中部地方以北の山地に産しますが、栽培種と野生種は同一ではないとする見解もあります。

全体に無毛で、葉は互生し、表面は濃緑色で光沢があります。1〜2回3出羽状複葉、小葉は2〜3深裂して鋭鋸歯があり、裂片は先が尖がります。 葉柄の基部付近は、太い鞘状になって茎を抱き、葉柄と茎は赤味を帯びます。
茎は多く分枝して株立ちとなり、6〜8月に茎頂に複散形花序をつけ、小花は白色の5弁花で、雄しべ5個、雌しべ1個からなります。 子房は2室に分かれていて、熟すと2室の中央部から分果して、それぞれが長楕円形の果実となります。

生薬トウキの基原植物には、近畿地方・大深のオオブカトウキ( トウキ )と、栽培種 ホッカイトウキ ※1 の2系統があります。 根を薬用とし、強壮、鎮痛、鎮静、補血に効果があり、婦人薬として重要な地位を占めています。和名は漢名 ※2 の音読みからつけられています。 漢名の由来には諸説ありますが、いずれも、トウキを服用した女性が、健康を回復するというもので、元気になって、本人あるいは夫が、「当(まさに)帰る」という内容です。

属名 Angelica は、天使の を意味し、欧州で利用されたセイヨウトウキ ※3 の薬効が著しいとしてつけられています。 種小名 acutiloba は、小葉の裂片が尖っている( acutus 鋭形の + lobus 浅裂した、裂けた )ことから。

※1 ホッカイトウキ :  Angelica acutiloba (Siebold et Zucc.) Kitag.var.sugiyamae Hikino
※2 漢名 : 中国の生薬 トウキは、別種 カラトウキ( 唐当帰 ) Angelica sinensis のこと。区別するために、日本のトウキを ニホントウキ ということもある。
※3 セイヨウトウキ : Angelica archangelica 種小名は、archangelus 大天使 から。

2013.07.New-2015.05.06.Re
トウキ (オオブカトウキ、ニホントウキ) Angelica acutiloba Kitagawa 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ