ツルニンジン  キキョウ科

ツルニンジンは、根の形が ウコギ科の オタネニンジン(高麗人参)に似て、つる性であることから付けられた名前です。 東アジア地域に分布し、日本では北海道〜九州の山林に産する多年草です。

低木などに絡みついて、高さ 2m程になります。葉は、はじめ互生、長楕円形から長卵形、葉身は 3〜10cm、短い葉柄があります。葉腋から側枝をのばして、茎頂に 3〜4枚の葉を輪生します。 葉の表面は、ややくすんだ緑色、裏面は、白色を帯びます。独特の臭いがあり、根茎葉とも、傷をつけると、白い乳液がでます。
花期は、夏の終わりから秋にかけて、側枝の茎頂に2〜3輪の花をつけます。ガク片は 5枚、大きく明るい緑色で先は尖ります。 花冠は幅の広い釣鐘状で下を向いて咲き、外側は 白〜淡緑色、内側には 紫褐色の筋や斑があります。花冠の先は5浅裂して、裂片は反り返り、基部には5つの距があります。 雄しべは 5本、雌しべは 1本で、柱頭は普通3裂します。
ツルニンジンは、根を生薬名・山海螺(サンカイラ)といい、民間薬の領域で鎮咳去痰に用います。 かつてはオタネニンジンと同様の効能を有するとされたこともありますが、局方には収載されていません。韓国では、根を食材として利用し、栽培もされています。 なお、朝鮮半島産には有効(と思われる)成分が含まれ、同じ種でも日本産の含有成分と違いが認められるという調査結果もあるようです。

別名を ジイソブといい、ソブは、ソバカスの方言で、花冠の内側の斑点をソバカスに見立てたもの。ジイは、爺のことで、ジイソブは「爺のソバカス」の意味になります。 属名 Codonopsis は、codon 鐘 + opsis 似る の意味で、釣鐘状の花冠の形からきています。種小名 lanceolata は、披針形の の意味。 似たものに バアソブ(婆のそばかすの意)があり、両種の分布域は重なります。ジイソブの方が大きくなり、バアソブにはジイソブに(ほとんど)ない細毛があります。 最も分かり易い相違点は種子にあり、バアソブは黒色で小さく、ジイソブの種子は淡褐色で翼があることです。

2014.09.12.New
ツルニンジン Codonopsis lanceolata (Seib.et Zucc.)Trautv. 撮影・東京都薬用植物園、他

バアソブ キキョウ科
バアソブは、ツルニンジンの別名 ジイソブに対応してつけられた名前で、婆のそばかすの意味があります。 ジイソブは別名ですが、バアソブは、標準和名です。 バアソブは絶滅危惧U類(VU)になっているので、両種の分布域は重なっているのに、フィールドで出会うのはジイソブばかりです。

つる性の多年草で、葉は卵形で互生、裏面には白い毛が生えます。葉腋につく茎の先に、花冠の長さ3cm程の釣り鐘状の花をつけます。 花冠はジイソブよりも細く、花冠の先は普通5浅裂して、裂片は反り返ります。外側は淡緑色、内側の先端部は紫褐色、基部側には紫褐色の斑があります。 基部には少し盛り上がった程度の5つの距がつきます。雄しべは5本、雌しべは1本、ガク片は大きく明るい緑色で5枚あります。 全体の形状はジイソブに類似しますが、ジイソブにはあまり多くない葉裏の細毛が、バアソブには生えています。また、種子は、バアソブは黒色で小さく、ジイソブの種子は淡褐色で翼がある点が異なります。
種小名 ussuriensis は、ウスリー地方の、ウスリー産の の意味。
項目 \ 名前 ジイソブ バアソブ
長卵形、あまり毛はない 卵形、葉裏は有毛
花 期 8月〜10月 8月〜 9月
花径 2.5cm〜3.0cm 2.0cm〜2.5cm
ガク片長さ 2.0cm〜2.5cm 1.0cm〜1.5cm
種子の特徴 淡褐色、一方向に翼がつく
黒色、翼はない
バアソブ Codonopsis ussuriensis (Rupr.et Maxim.) Hemsl.
2015.10.29.New-2016.12.04.Re
このページのトップへ