ツワブキ  キク科

ツワブキ 生薬名: * * * 用途:民間薬・食品・観賞用

ツワブキは、日本では東北南部から九州にかけて、海岸沿いや山地の日陰などに自生する多年草です。 草丈は50cm程、芽吹きの葉は、初め灰褐色の綿毛におおわれていますが、葉柄が長くのびると無毛になります。 成長した葉は、腎臓形をしていて、葉縁は緩やかな凹凸を描き、全体としては丸みのある形になります。葉質は厚く、表面に艶があります。 ツワブキの名前は、その葉の様子からつけられたとする説があります。 厚い葉の蕗なので厚葉蕗(アツバブキ)、その「ア」がとれて、ツワブキになったという説、葉に艶のある蕗なので艶蕗(ツヤブキ)、訛ってツワブキになったという説などです。

花期は10〜11月頃、葉の高さを越えて花茎を伸ばし、茎頂に黄色い花を数輪つけます。 花径は5cm程あり、周囲はあざやかな黄色の舌状花が一列に並びます。常緑で日陰でも良く育ち、庭園などでも植栽されます。

フキはキャラブキなどの料理によく使われますが、ツワブキの茎も食用とされました。食用には、春、葉の開く前の若い葉柄を使います。 ワラビやゼンマイと同じように、灰汁(あく)を抜いたあと、皮をむきます。その後の調理はフキと同様で、醤油で煮込みキャラブキなどにしました。
葉は、民間薬の領域で、外用薬とされました。生葉をおできや打撲の冷湿布として、また葉を火にあぶり表皮を除いたものを、腫れ物などに貼りました。 葉には抗菌作用のある成分が含まれていて、傷にも使用しました。

属名 Farfugium は、フキタンポポ(Tussilago Farfara)の古名から。シノニムの種小名 tussilagineus は、フキタンポポ属(Tussilago)のような。

2004.12.New-2013.01.Re
灰褐色の綿毛に被われる若葉
ツワブキ Farfugium japonicum syn.Farfugium tussilagineum  撮影・つくば実験植物園、他
このページのトップへ↑