ウイキョウ ( セリ科

ウイキョウ 生薬名:ウイキョウ( 茴香 ) [ 局 ] 用途:漢方薬、香辛料

ウイキョウ、英名フェンネル Fennel は、古代エジプトなどに記録があるほど古い時代から作物とされてきました。 地中海沿岸原産。
茎は叢生、上部で枝分かれして、草丈は、1.5〜2メートルほど。葉は、互生でアスパラガスに似た細い糸状をしています。 花期は6〜9月、複散形花序に黄色い花弁の小花を多数つけます。花弁は5枚あって、内側に向かって巻き込みます。

ウイキョウの果実は、薬用や香辛料として利用されています。漢方では、芳香性健胃薬、去痰薬として配合されています。 口中清涼剤に配合されることもあります。

属名 Foeniculum は、faenum 干し草 を語源とした誤記から。種小名 vulgare は、普通の。
ウイキョウの果実
ウイキョウ  Foeniculum vulgare Mill. 撮影・東京都薬用植物園

小茴香と大茴香
トウシキミ(シキミ科)は、果実の芳香がウイキョウに似ています。 果実の小さなウイキョウは、ショウウイキョウ(小茴香)、果実の大きなトウシキミは、ダイウイキョウ(大茴香)と呼ばれることがあります。

日本に在るシキミとは別種
種子の形は似るがシキミは有毒。


2013.07.New
トウシキミ Illicium verum
このページのトップへ