エゾウコギ  / ウコギ  ( ウコギ科

エゾウコギ 生薬名:シゴカ( 刺五加 ) [ 局 ] 用途:滋養強壮薬

エゾウコギは、旧ソビエト連邦で薬効が研究され、別名シベリアニンジンとも呼ばれています。 同じウコギ科のオタネニンジンを連想させる別名ですが、属は別になります。 日本では北海道のみに自生します。

枝には下向きの硬いトゲがあり、種小名の senticosus は、トゲの多いという意味。葉は互生し、掌状複葉で、小葉は5枚。五加(ウコギ)は、5枚の小葉のこと。 生薬名の刺五加は、トゲのあるウコギの意味。6月から夏にかけて、長い花柄の先に散形花序をつけます。小花は、黄緑色。夏の終わりに黒熟します。 属名の Eleutherococcus は、分離した果実の形から、自由な + coccus 果実の意味。

根を薬用としますが、漢方としての使用はなく、エキスを滋養強壮薬として利用します。
エゾウコギ Eleutherococcus senticosus

撮影・東京都薬用植物園
ウコギは、若芽を山菜として利用します。特に米沢市周辺は、昔、植栽が奨励されていたこともあって、ウコギの生垣が多いことで知られます。
オカウコギは、福島以南の暖地にあって、小葉が丸みを帯びることからマルバウコギの別名があります。やはり山菜として利用できます。 属名 Acanthopanax は、akantha 刺 + Panax属。Panax(オタネニンジン)属に似ていて、刺があるため。

2013.07.New
オカウコギ(マルバウコギ)Acanthopanax Japonica ウコギ(ヒメウコギ)Acanthopanax seiboldianus

撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ