ヤブタバコ(キク科ヤブタバコ属またはオオガンクビソウ属)

ヤブタバコは、半日陰の林縁などに生える草丈50〜100cm程度の1〜2年草です。 全国に自生しますが、古い時代の帰化植物ともみられています。名前の由来は、やぶに生え、根生葉( 花期には消失してしまう )や下部の葉が、25cm以上に大きくなり タバコの葉に似ているからとされています。

ヤブタバコは、しばしば横向きに長い枝を伸ばします。主軸が途中で生長をやめ、そこから四方に枝が伸びるという個性的な姿になります。 下部の葉は、大きく広楕円形、葉の幅は茎に向かって徐々に狭くなり葉柄との区別がつきにくくなっています。上部の葉は、楕円形から長楕円形で、先は尖ります。

秋、横枝の葉腋に1個づつ直径10mm程度の目立たない頭花をつけます。頭花は横枝に並び下向きにつき、淡黄色の筒状花、花柄はないかごく短いものになっています。 総苞は樽型、頭花基部の数枚の総苞片は、放射状に広がります。種子には悪臭があり、全草も臭気があります。

古くは、腸内寄生虫の駆除や皮膚疾患に利用されたこともあるようですが、現在では効果についての評価はない模様です。 コヤブタバコ、ガンクビソウなど、同属の植物は、花数が少なく、また主軸が途中で切れるような形はしていないので、ヤブタバコとの区別は容易にできます。
属名 Carpesium は、carpesion ソバから。総苞片が麦藁に似るとされる。右画像参照
種小名 abrotanoides は、Artemisia abrotanum ヨモギ属サザンウッド Southernwood のような。サザンウッドとの類似点は不明。

2013.10.20.New-2014.12.29.Re
ヤブタバコ Carpesium abrotanoides 撮影地・小石川植物園、他
このページのトップへ