ヤクシソウ (キク科)
漢字で「薬師草」と書くと、いかにも薬用のような名前です。薬用にしたこともあるらしいのですが、具体的な評価が見当たらないことから、効能は期待できないようです。 名前の由来には、葉の形が薬師如来の光背(こうはい)に似ているからという説が有力です。

全国の低山や、日当たりの良い荒地、明るい林などにごく普通に見受けられる1〜2年草です。 草丈は100cm程度になり、茎はよく分岐します。葉は互生し、浅い鋸歯があり、羽状に切れ込むものもあります。根生葉を除き、基部で茎を抱きます。 葉はちぎると、タンポポ亜科の特徴のひとつ、白い液(乳液)をだします。

花弁は黄色、径15mmほどの舌状花からなる頭花を多数つけます。花期は、9〜11月で、花弁の先は小さく5裂して上向きに咲きます。 開花後は下向きに垂れ下がります。 初冬に、白い冠毛をつけた黒い種子(痩果)が実ります。属名 Youngia は、人名由来。種小名 denticulata は、細い歯のある。

5〜7月ごろの若芽は食べられるそうですが、おいしいという記述が見あたらないことから、無理して食べれば食べられないことはないといった程度と思われます。
ヤクシソウの花が盛りを迎える頃、秋の深まりが感じられます。

 タンポポ亜科の3つの特徴
(1) 花は舌状花のみから成り立つ。
(2) 葉や茎を傷つけると白い液がでる。
(3) 種子に冠毛がある。
タンポポ亜科以外にもキョウチクトウ科のように、乳液をだしたり、種子に冠毛のある植物はある。


 2004.11.-2013.11.Re
ヤクシソウ 薬師草 Youngia denticulata Kitam. 撮影 山梨県、他
ヤクシソウの冠毛
このページのトップへ