ボ タ ン / シャクヤク ( ボタン科)
ボタンシャクヤクは美しい女性を形容する際によくひきあいにだされることでも知られています。 共に古い時代に薬用として移入されましたが、花の美しさから観賞用にもされ、多くの品種が創出されています。 花の形からキンポウゲ科に分類されてこともありましたが、現在は独立したボタン科として分類をされています。属名 Paeonia は、ギリシャ神話の医神 Paeon に由来。

ボ タ ン 生薬名:牡丹皮 ( ボタンピ ) [ 局 ] 用途:漢方薬

ボタンは、百花の王とか富貴花などと称えられ、人気のある花木です。 牡丹の「牡」は、オスの意味ですが、雌雄異株の雄株ということではなく、種子ができにくいことを表したものです。実際には種子はできます。「丹」は、花弁が赤いことから。種小名 suffuruticosa は、亜低木状の、半低木状の。

落葉低木で、花期は4月末から5月初めごろ。花の時期が近づくと園芸店に鉢植えが並びますが、流通する苗のほとんどは、芍薬の根を台木として接ぎ木にしたものです。 種子から育てるのでは、開花まで時間がかかるため価格も高くなります。接ぎ木の技術により、価格が安くなりました。そのため、店頭に実生の苗木が並ぶことはありません。 ただし、根がシャクヤクであるため、一定の管理を怠ると、根からシャクヤクの芽がでて、接木のボタンが弱ってしまうことがあります。

薬用にするのは、根の木質化した芯を抜いた※1 根皮で、生薬名をボタンピ「牡丹皮」(上画像参照)といいます。 抗アレルギー、止血、鎮痙、抗炎症、中枢抑制などの作用があり、漢方処方や婦人薬として使われています。

※1 芯の有無による成分的な差は認められていない。手間をかけて芯を取り除く理由は不明。 漢方は、長い間の経験則で出来上がってるので、まだ解明できていないこと多い。本当に必要なことかどうか、分からないという習慣も沢山ある。

余談ですが、あんころ餅は、春と秋で呼び名が変ります。
春の彼岸は、ボタンが咲く頃なので、ぼたんもち→「ぼたもち」。
秋の彼岸のあんころ餅は、萩の花が咲く頃なので、「おはぎ」 といいます。今、店頭では一年中おはぎの名前で並んでいます。 そのうち、「ぼたもち」って「絵に描いた牡丹餅」ということわざだけの言葉になってしまうかもしれません。
ボタン Paeonia suffuruticosa Andr. 撮影・東京都薬用植物園



シャクヤク 生薬名:芍 薬 ( シャクヤク ) [ 局 ] 漢用途:方薬

シャクヤクは、名前に「薬」の文字があるように、初め薬用として平安時代に移入されました。 その後、室町時代には観賞用としても栽培され始めました。ボタンが木本ですが、シャクヤクは草本という違いがあります。 小種名の lactiflora は、乳白色のという意味ですが、赤いシャクヤクもあります。日本薬局方では色による扱いの差はありません。

薬用とされるのは根の部分で、鎮痛、鎮痙、平滑筋弛緩、消炎、血圧調整など、ボタンよりも強い各種の作用があります。 葛根湯、芍薬甘草湯など処方例も多く、中でも四物湯(シモツトウ) ※2 のような婦人病の漢方には欠かせない生薬となっています。

※2 強壮薬、冷え症、婦人薬、月経不順、しもやけ、しみ、血の道などに応用する基礎的処方例。 当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、川弓(正しくはクサかんむりに弓/センキュウ)、地黄(ジオウ)の4生薬からなる。

2003.04.New
 シャクヤク Paeonia lactiflora Pallas 撮影・東京都薬用植物園
このページのトップへ↑