ダイオウ  タデ科

ダイオウ 生薬名:ダイオウ (大黄)[ 局 ] 用途:製造原料・漢方薬

薬用のダイオウ(大黄)は、葉の長さは1m、草丈は2mほどになる大型の多年草です。 春に淡黄色の小さな花を、まとまめてつけます。根茎が肥大して大きく、中が黄色いので「大黄」と呼ばれたと見られます。 もともとは冷涼な地域の植物であるため、日本での栽培も寒冷地に限られます。 種間交配により作られた信州大黄(R.coreanum Nakai系)、北海大黄が冷涼地で生産をされています。

薬用部分は、肥大した根茎で、なかでも錦紋大黄 と呼ばれる系統のものから良品が多く産出されています。 成分は、センノシドやエモジンなどで、緩下、消炎、健胃整腸の製薬などに頻繁に利用されています。特に緩下については最も重要な生薬のひとつといえます。 また、ダイオウにはラタンニン(タンニンの一種)が含まれていて、止瀉の作用もあることから、瀉下作用の調整が行われます。 漢方では駆於血(くおけつ) の目的で使いますが、子宮の収縮作用があるため、服用時期には注意が必要です。

属名 Rheum は、ヴォルガ川の現地古名のひとつ Rha 川が由来で、流域に Rheum 属が多かったためとする説があります。他にも別の言語が由来とする諸説があります。

 錦紋大黄 : 根茎を縦割りにしたときに見える入り組んだ紋様を錦紋(きんもん)という
ダイオウ Rheum officinale Baill. [錦紋]大黄の根茎 撮影地・明治薬科大学植物園


マルバダイオウ 丸葉大黄

マルバダイオウは、草丈1mほどになり、葉は丸味を帯びています。 カラダイオウとともに、類似生薬とされますが、含有成分によって腹痛などの作用があるため、日本薬局方には未収載となっています。

英名 Rhubarb から、日本でもルバーブの名称が多く使われます。酸味がある茎をジャムに利用することから、ショクヨウダイオウ 食用大黄とも呼ばれます。 種小名 rhaponticum は、 rha 前述の川の古名か+ ponticum 黒海沿岸のと思われるが未確認。
マルバダイオウ Rheum rhaponticum L.撮影地・東京都薬用植物園

カラダイオウ 唐大黄 別名:和大黄

カラダイオウ 唐大黄は、シベリア原産の大型の多年草で、外見はマルバダイオウに似ます。 葉は掌状に裂開することなく、丸味を帯びて葉縁は波打ちます。4〜5月に花茎を立ち上げ、黄緑色の小花を多数つけます。

根茎を和大黄(ワダイオウ)といい、ダイオウの代用生薬として、漢方に配剤されました。低品質であるため、現在は使用されなくなりました。マルバダイオウと同じく、酸味のある葉柄を食用とします。 種小名の undulatum は、波状の、うねったの意味。

2003.07.New-2012.09-2014.12.29.Re
カラダイオウ(別名:和大黄) Rheum undulatum L.撮影地・東京大学田無演習林

このページのトップへ↑