いわゆる ドラゴンフルーツ 別名 ピタヤ(pitaya)( サボテン科
サンカク(三角)サボテン Hylocereus undatus は、その和名よりも流通名ドラゴンフルーツ dragon fruit の方が知られています。 メキシコから中南米にかけてが原産地の大型のサボテンで、成長すると長さ10m程にもなります。茎は三角柱で、3つの稜は、やや翼状となり波打ち( undatus : 波動した、波状の)ます。 自立することができないため、茎の節から出る気根で他の樹木などに着生して登ります。樹林下という生息環境に適応している、乾燥地帯のサボテンとは異なった生態をしています。 そのため、日あたりを好みますが、あまり強い直射日光の下では茎が焼けることもあります。

花径20cm以上の大輪で芳香がある花を、夜間に開きます。花期は、沖縄では7〜10月、熱帯地方では周年になります。花弁は白色、雄しべは淡黄色で多数あり、雌しべは淡黄〜淡緑色をしていて先端は分岐します。 果実は、開花後45日程度で収穫でき、赤熟した果皮には緑色の突起があります。果肉には、ほのかな甘みがあり、果肉内にある小さな黒い種子ごと食用とします。 果肉の色は、種によって白から赤色までありますが、サンカクサボテンの果肉は白色であることから、流通名ではホワイトドラゴンとかホワイトピタヤと呼ばれています。

Hylocereus ocamponis の外見は、Hylocereus undatus と良く似ています。果実は、undatus より小さ目です。果肉の色が赤いので、レッドドラゴン、レッドピタヤなどと呼ばれます。 こうした呼称は、特定の種を指すものではなく、果肉の色が同様の他の品種に対しても使われます。和名はないようです。

属名 Hylocereus : hylo 林、森 + cereus ロウソクの意味、ハシラサボテンの属名でもある。
 ハシラサボテン : 分類上は、Cereus 属を指すが、園芸の世界では、分類と関係なく柱・紐状の外見でいうことが多い。
ドラゴンフルーツ Hylocereus undatus(白肉種) Hylocereus ocamponis(赤肉種) 撮影:さくやこの花館
Hylocereus undatus の果実 撮影地:東京都薬用植物園

ドラゴンフルーツの名称は、茎が木に着生し登る様子を龍の身体に、赤い果実を目に見立てたとか、果皮を龍のうろこに見立ててつけられたといわれています。 近年は、園芸店にもドラゴンフルーツの植物名で並ぶことがあります。認知度の低いサンカクサボテンよりも、ドラゴンフルーツの名前を使うことの方が一般的になっています。

ドラゴンフルーツやピタヤの名前は、もともとは Hylocereus 属( H.undatus )の果実につけられた販売名ですが、日本では、別属の果実も pitaya と呼ぶことがあります。
Selenicereus megalanthus の果実は、イエローピタヤ、イエロードラゴンなどの名前で呼ばれています。茎は3〜4稜あり、果皮は黄色く、果肉は白色で、やはり夜間に開花します。
イエローピタヤ
Selenicereus megalanthus 撮影地:つくば実験植物園
花にはHylocereus属同様の長い花筒があります。花筒には、萼と花弁の区別がつけられない鱗片葉状から花弁までの連続した形質のものが並びついています。 また、undatus や ocamponis では目立たないトゲが、 Selenicereus megalanthusは、茎の節だけでなく果実にもついています。

属名 Selenicereus : Selene ギリシャ神話の月の女神 + cereus 、種小名 megalanthus : 大きな花の 


この項目については、ほとんど和名がないため、学名表記としました。流通名については、一般的と思われる名称を選択しましたが、複数の品種を指すこともあります。

2014.01.22.New
このページのトップへ↑