ハゼラン (スベリヒユ科)
ハゼランは、熱帯アメリカ原産の1年草で、明治時代に観賞用として導入されました。旺盛な繁殖力で野生化し、関東以西では道端などで良く見かける帰化植物です。

草丈は、30〜80cm程で全体に無毛。葉は互生し、葉身は倒卵形で全縁、質は柔らかくやや多肉で表面は光沢があります。多くの葉は茎の下部に近接してつき、上部にはわずかにつきます。

夏、花茎を伸ばし、径5mm程の小さな花をつけます。花弁はピンクの5弁、雄しべは10本内外あります。花は次々と咲くため、夏から秋にかけてと長い花期になりますが、ひとつの花の開花時間はわずか2〜3時間です。 午後3時ころに咲き始め、夕方になると萎んでしまいます。果実は、赤色の球形、花と同じで次々と熟し、多数の黒い種子が入っています。
和名のハゼラン「爆蘭」(ランではありませんが)には命名由来に諸説あります。 先ず、花がはじける(はぜる)ように次々と咲く様子からという説。種子がはじけ飛ぶからという説や、赤い丸い果実を、はじける線香花火に例えたという説もあります。 別名、開花する時間帯から、三時花(さんじか)、三時草(さんじそう)、前述の果実の外見の例えから花火草などともいいます。 属名 Talinum は、アフリカのセネガンビア(セネガルとガンビア)の地元名 ※1からとされます。

当初、学名を Talinum crassifolium Willd.としていましたが、Talinum paniculatum (Jacq.) Gaertn.に記載を変更します。 Talinum crassifolium auct.non※2 Willd.
種小名 crassifolium は、厚葉の。paniculatum は、円錐花序の。

※1 地元名 : 由来の言葉の詳細は把握していない。
※2 auct.non : 元の著者(命名者)がつけた時と別の使われ方をしている、の意味。

2006.09.New-2014.12.29.Re
ハゼラン Talinum paniculatum (Jacq.) Gaertn. 撮影:小平市
このページのトップへ↑