イノコズチ( ヒユ科 )

ヒナタイノコズチ 生薬名:ゴシツ( 牛膝 )[ 局 ] 用途:漢方薬

ヒナタイノコズチ( 日向猪子槌 )は、日当たりのよい道端などにある多年草です。 林縁にも生育しますが、傾向として日当たりのよい場所を好みます。葉は対生し、茎は節で枝分かれするため、ヒカゲイノコヅチ(イノコズチ)に比べてバラけた印象があります。 イノコは猪の子供、ズチは、本来はツチ(槌)で、茎の節が太くなることを膝に例えたとされています。

葉は、広卵形で、先は尖ります。茎は方形で堅く、直線的に伸びます。葉、茎ともに毛があり、草丈は1m程度まで伸長します。8〜9月頃には、穂状花序を茎頂に、また腋生し、緑色の小花を咲かせます。 細い苞のつけ根には、白色で薄い膜状の小さな付属体があります。ヒカゲイノコズチの方が、付属体が大きいので判断材料のひとつになります。 果実は熟すと、苞の先端は、やや反り返り、俗に引っ付き虫ともいわれ、人の衣服や、動物の体に付着し運ばれ散布されます。このため、猪の子に付くから、イノコツキが訛ってイノコズチになったという説もあります。

薬用には根を利用し、生薬名はゴシツ( 牛膝 )といい、通経、利尿、腹痛、関節痛、強壮などを目的に漢方に処方されています。和名、生薬名ともに、動物の足に関係したネーミングになっています。 利用するのは2年目のものまでで、生育3年目以降の根はウィルスが入るために利用しないとのこと。また、ヒカゲノイノコズチの根は細いため利用対象にならないようです。

イノコズチの成分特徴として、植物エクジソン(エクダイソン)のイノコステロンやエクジステロンが含まれることが挙げられます。 植物エクジソンとは、昆虫の、脱皮や変態を促進するホルモンのことです。本来は、昆虫が自身で作るホルモンで、一定の大きさになったから脱皮をするといったためのものです。 植物側からのこうしたホルモンの刺激によって、幼虫はサイズと関係なく脱皮を行い、早めに小さな成虫になってしまいます。食害を減らすことを目的とした、イノコズチ側の防衛手段と見ることができます。

属名 Achyranthes は、achyron 籾殻 + anthos 花の意で、籾殻状の花の様子から。種小名 bidentata は、二歯の。変種名 fauriei は、人名由来。 
ヒナタイノコズチ Achyranthes bidentata var.fauriei 撮影・東京都薬用植物園


イノコズチ( ヒカゲイノコズチ )

イノコズチ( ヒカゲイノコズチ )は、林などの日陰に生育します。 本来、イノコズチという名前は、こちらの種を指しますが、ヒナタイノコズチと区別するために「ヒカゲ」イノコズチとも呼ばれています。 ヒナタイノコズチにあるような毛は少なく目立ちません。穂状花序につく小花の間隔は空いてつき、また苞の付け根の付属体は、ヒナタイノコズチよりも大きくなります。
生薬としては、根が細いため、利用の対象外となっています。

2013.05New
ヒカゲイノコズチ Achyranthes bidentata var. japonica 撮影・東京都青梅市
このページのトップへ↑