ジュズサンゴ (ヤマゴボウ科)

ジュズサンゴは、西インド諸島、メキシコ原産で、植物園の温室でよく見かけます。 常緑の多年草で、性質は強く耐陰性があり、半日陰で生育可能です。

葉は卵形〜広披針形、葉先は凸頭に近く、全体に短毛があります。総状花序に小花をつけますが、サイズは3mm程度と小さく目立ちません。 花弁はなく、白い花弁様のものはガク片にあたります。鑑賞は小さな花よりも、もっぱら次々とつける小さな赤い実が対象になります。 赤い実を珊瑚に、繋がるようにつくところを数珠に例えて、数珠珊瑚の和名になっています。

熱帯の植物なので寒いと地上部は枯れてしまいますが、根が枯れなければ、翌年に再び芽が出てきます。 鉢植えの場合は、冬季は室内に取り込めば越冬可能(東京平野部)です。地植えの場合は、春播き1年草のように秋に実を採取して保存、暖かくなってから播きます。 実からの発芽も容易で、暖かい地域では帰化しています。

品種名「モモタマ」は、少し大きめの桃色の実をつけます。性質は、赤い実と同じです。

属名 Rivina は、人名由来。種小名 humilis は、背が低いの意味。

2006.02.-2014.12.31.Re
ジュズサンゴ Rivina humilis L. 撮影・東京都薬用植物園 ジュズサンゴ ’桃玉(モモタマ)’
このページのトップへ↑