烏羽玉(ウバタマ) / 翠冠玉(スイカンギョク) ( サボテン科 Lophophora属

サボテンは、刺座(しざ)とかアレオーレ(areole)と呼ばれる器官を持ち、そこには葉の変化したトゲがついています。 刺座には、短い綿毛のようなものがつくこともあります。Lophophora(ロホホラ)属の刺座には、トゲはなく柔らかい綿毛だけがつくのが特徴です。 植物体の地上部は、多くのこぶが寄り集まったようにな姿で、扁平にゆがんだ球形をしていて弾力があります。 属名 Lophophora は、lophos 鶏のとさか + phoreo 有する、つける に由来し、こぶの上部につく綿毛から命名されたとみられます。

烏羽玉(ウバタマ)は、地上部のひとつづつの球体はあまり大きくならず、直径6〜7cm位で、全体的に灰緑色をしています。 自生地では、植物体の地上部よりも、地下部の方が大きくなり、ほとんど埋まっているように見えます。生長が遅く、実生の栽培品でも開花まで数年かかり、環境の厳しい自生地ではさらに長期間を必要とします。 花期は、真夏で、頭頂部付近に白から薄いピンク色の花を咲かせます。

メキシコ北部からアメリカ南西部の先住民の間でペヨーテと呼ばれ、宗教儀式に利用されることでも知られます。ペヨーテは、メスカリンなどのアルカロイド成分を含んでいます。 また、個体数の減少が大きいこともあり、先住民の宗教儀式での利用以外には、アメリカでは移動などに制限があります。 過去に精神不安に関係する症状に使用されたこともあるようですが(詳細不明)、現在では、医薬品としての利用価値はないと思われます。
サボテンに限らず多くの植物は、自家受粉を嫌いますが、烏羽玉は可能とされます。ロホホラ属は、他のサボテンに比べると栽培し易いといわれ、実生での育苗ができます。 個体ごとに変異もでやすく、愛好者にとっては魅力のひとつになっています。種小名 williamsii は、人名由来。

日本での栽培所持に制限はないが(2012年時点)、輸入については確認していない。
烏羽玉(ウバタマ)Lophophora williamsii 撮影地:つくば実験植物園、他

翠冠玉(スイカンギョク)の肌色は、烏羽玉よりも明るい緑色がかっています。 繊維状の綿毛は、烏羽玉よりも量が多くて長く、花は白色をしています。

学名の種小名から、ディフーサと呼ぶ場合もあります。diffusa は、散開した、広がった の意味。

2004.06.New-2014.12.31.Re
翠冠玉(スイカンギョク)Lophophora diffusa 撮影地:咲くやこの花館
このページのトップへ↑