マンサク / シナマンサク / アメリカマンサク (マンサク科)
トキワマンサク

マンサクは、薄紙細工のような花弁4枚、おしべ4本からなります。 和名は、先ず咲く が由来といわれますが、別の植物をマンサクと呼ぶ地方もあるとか。 濃暗紫色のガクが、花弁の黄色を引き立たたせます。春に先駆けて咲くマンサク。 この小さな黄色い花を見ると、春の陽が、もう近くまで来ていると、気分が高揚することがあります。ましてや、北国の人々にとっては、特別な想いがあることでしょう。

属名 Hamamelis は、hamos 似た + melis リンゴから。 元々は、他の樹木の名前がマンサク科に転用。種小名 mollis は、軟らかい、軟毛のある。

「満咲」からという見解もあります。
マンサク Hamamelis japonica Sieb.et Zucc.
シナマンサク Hamamelis mollis Oliv.
葉は軟毛が目立ち、枯葉は翌年の花の時期まで枝について残ります。
アメリカマンサクの花は秋が深まってから咲きます。 葉があるため、春先に咲くマンサクのようには花が目立ちません。アメリカ先住民は、葉を傷や皮膚炎などに用いたそうです。
種小名 virginianus は、(北米)バージニアの。
アメリカマンサク(ハマメリス) Hamamelis virginiana 東京都薬用植物園


トキワマンサクは、マンサク(Hamamelis)とは違って常緑です。 そこで牧野富太郎博士がトキワ〜と命名しましたが、その時の個体は、中国から買った植物に一緒についてきたものだったそうです。 のちに、日本でも自生地が発見されましたが、自生は数が少ないので珍木扱いされています。

属名 Loropetalum は、loron 革紐 + petalon 花弁から。種小名 chinense は、中国の。変種名 rubra は、赤色の の意味。

2009.02.-2011.11.Re
トキワマンサク 東京都薬用植物園
Loropetalum chinense Oliv.
ベニバナトキワマンサク 青梅市
 Loropetalum chinense var. rubrum
このページのトップへ