カワラナデシコ  ハマナデシコ ナデシコ科

カワラナデシコ 生薬名:クバクシ (瞿麦子) 用途:漢方薬

カワラナデシコ(河原撫子) は、本州以西に分布し、日当たりの良い草原や河原に生育する多年草です。 草丈は、30〜50cm、全体に無毛で、淡緑色(白っぽい緑色)をしています。葉は、対生、披針形で葉柄はなく、基部は茎を抱きます。 ガクは長い筒型になり、基部は3〜4対の苞葉が囲みます。6〜8月、径4〜5cmの淡紅色、まれに白色の花を茎頂に数個つけます。 花弁は5枚で、花弁の縁は細く糸状に裂けます。雄しべ 10本、雌しべ 1本で花柱は2本に分かれます。

和名は小さくて可憐な花を愛児になぞらえたものといわれます。別名 ヤマトナデシコ 或いは単に ナデシコ。秋の七草でいうナデシコは、本種のことを指します。 中国では古くから開花期の全草を薬として利用していたため、山上憶良が七草のひとつに選択したとみられています。
学名 Dianthus は、2つの花。superbus は、気高い。変種名 longicalycinus は、ガクの長いの意味です。

種子を乾燥したものを瞿麦子(クバクシ)といい、利尿作用、血圧降下や通経の作用があり、漢方に利用しました。
カワラナデシコ 撮影地・東京都薬用植物園
Dianthus superbus L. var. longicalycinus Williams

ハマナデシコ

ハマナデシコ(浜撫子)は、本州以西に分布する多年草で、草丈は20〜50cmほどになります。 海岸の岩場や砂浜に叢生して生え、いかにも海浜性の植物らしい姿をしています。
初期にはロゼットを形成し、根生葉は花期まで残ります。葉は対生し、長卵形で質が厚く、濃緑色で光沢があります。根生葉には、短い葉柄がありますが、茎につくものはほとんど無柄です。

ガク筒基部の苞葉は、先端が尖って伸び、反り返ります。花期は、7〜9月、茎頂にたくさんの花がまとまってつき、次々と咲きます。 花弁は5枚で紅紫色、カワラナデシコのように先端が裂けることはなく、縁には細かい歯牙があります。雄しべ雌しべ花柱の数は、カワラナデシコと同じです。
花の色から、別名 フジナデシコともいいます。掲載画像の個体は、やや薄い色です。

2013.10.24.New
ハマナデシコ 撮影地・つくば実験植物園
Dianthus japonicus Thunb.
このページのトップへ↑