オシロイバナ(オシロイバナ科)
オシロイバナはメキシコ原産の宿根草で、大きな株になり温暖な地域では野生化もしています。 名前は黒い実(種子)の中の胚乳が白い粉状になっているのをおしろいに見立てたことからきています。英語名の four o'clock(4時)は、夕方に咲き始めることから。 学名 Mirabilis は、驚異の。jalapa は、メキシコの地名ヤラッパから。

ラッパ型の花は赤・白・黄色・絞りがありますが、花冠に見えるのは漏斗状のガクで、花弁はありません。黒い実を包む緑色のガクのように見えるものは、苞にあたります。 花は1日花で、翌日の午前中には萎んでしまいます。長く咲いているように見えるのは、次々に花が咲くからです。
ガク筒が長いため、口吻の長いスズメガなどによる虫媒花です。 虫による受粉ができない場合には、萎む前に雄しべ雌しべを巻き取るように絡ませることで、積極的に同家受粉を行います。
別名を夕化粧とも。ただしアカバナ科にもユウゲショウがあるので、別名の使い方には注意を。

2006.08.
オシロイバナ Mirabilis jalapa 撮影地:小平市


このページのトップへ↑