スベリヒユ (スベリヒユ科)

スベリヒユは、日本全土の日当たりのよい場所に生育する一年草で、史前帰化植物とみられています。高温と乾燥に強い性質で、道端や荒れ地に普通にみられます。 発生量が多いことから、畑に入ると強害草として嫌われます。不要な雑草として扱われていますが、食料として利用できる”雑草”でもあります。

普通、葉は対生し、長楕円形〜幅の狭い倒卵形、先は丸く多肉質で全縁、しばしば葉縁は赤味を帯びます。茎は丸く赤褐色で、よく分岐して周囲に広がり、先を斜上させます。草丈は、15〜25cm程、茎葉ともに光沢があり無毛です。

花期は、7〜9月。枝先の葉の集まった中(節間の詰まった対生)に、花径8mm程の黄色の花をつけます。花弁は5つ、先はやや凹み、曇天では開かず、太陽を受けて開花します。 雄しべの数は 10本前後、雌しべは 1本で柱頭は5裂します。

スベリヒユ Portulaca oleracea L. 撮影:東京都
果実は蓋果※1 で、多数の小さな黒色の種子が入っています。

属名 Portulaca は、この蓋果のふたが取れる様子を、入口( porta → portula ※2 )が開くことに例えてつけられています。 種小名 oleracea は、食用蔬菜(=野菜)になる、畑で栽培されるの意味です。 命名由来の通り、食用になります(後述)。ゆでると独特のぬめりがあり、和名スベリヒユの命名由来※3といわれます。 別名(地方名)が多く、ホトケノミミ、トンボソウ、トンボグサ、ヌメリヒユ、ツルツル、ヒデリグサ、ヒョウ などがあります。

夏に全草を採取、陽燥したものが、生薬名・馬歯かん(ばしかん、かんは「見」に草かんむり)。 過去には、煎じたものを下痢や腹痛に飲用、また、皮膚病には煎液を塗布して用いたとされます。 現在は「五行草 ※4 茶」の名前で、健康茶の一種として利用されることがあります。
※1 蓋果 : (がいか)成熟すると果皮が横に裂け、先が蓋(ふた)のように取れ、基部がわん状になって残る果実をいう。
※2 portula : 花が開き閉じる様子が門の開閉を連想させるからという説もある。
※3 命名由来 : 他には、植物体を踏むとよく滑るからという説もある。
※4 五行草 : 中国の呼称のひとつ。茎、葉、花、根、実の色が、それぞれ、赤、緑、黄、白、黒と五色あることから。
暗くなると、傘をたたむように葉をすぼめる
スベリヒユは、秋になると種子ができ、茎も硬くなるので、(旬の)野菜として利用するのは、夏の終わりごろまでが良いとされます。 茎や葉を採取し、ゆでて食用とします。酸味があって、相性が良いのは辛子醤油ですが、他にあえ物などでも利用できます。ただし、食べすぎると下痢をするともいわれ、その昔にいわれた薬効と反する結果がでることもあるようです。 乾燥して保存食にできますが、食感などの評価は下がります。欧州の一部では、ゆでたり、炒めたり、またサラダとして生葉を使用することもあります。 特に変種の タチスベリヒユ Portulaca oleracea var.sativa (syn P.oleracea subsp.sativa) は、野菜として利用されます。茎が立ち上がり、葉が大きくなり、日本でもわずかながらに栽培されています。

ハナスベリヒユは、属名 Portulaca に由来する「ポーチュラカ」の名前で、5〜6月頃から園芸店に並びます。花期は、6〜9月と長く、花弁の色は、白、黄、ピンクなどがあります。 創出された品種で、花が美しく、乾燥にも強いことから、鉢植えなどでよく栽培されています。母種と異なり、ほとんど種子ができないことから、不稔とみられます。観賞用ですが、食用にできます。

マツバボタン 松葉牡丹も、高温と乾燥に強い、南米原産の一年草です。花弁の色も白、黄、赤などあって、こちらは八重咲きの品種も作られています。 ヒメマツバボタン の亜種 Portulaca pilosa subsp.grandiflora とされることもあります。食用可です。

2014.09.23.New
ハナスベリヒユ
Portulaca oleracea L.x P.grandiflora
マツバボタン 松葉牡丹八重咲品種
Portulaca grandiflora
syn. P.pilosa subsp.grandiflora

乾燥に強いスベリヒユ
植物の行う光合成には、3つのタイプがある。まず湿潤な地域の植物では、光合成で、炭素Cを3個含む生成物を作る植物があり、このタイプの植物をC3植物という。 C3植物は、昼間、CO2を取り入れるために気孔を開くが、その際、水分が蒸散するため、一定の水分量も必要とする。 また、光呼吸と呼ばれる二酸化炭素の放出を行うのもC3植物の特徴になる。欠点は、二酸化炭素や酸素が低濃度になると、光合成の効率が悪くなること。
次に、乾燥した地域の植物は、水分の蒸散を防ぐために、気温の高い昼間は気孔を閉じて、光合成を行うものがある。いったん炭素数4つを含む成分を作り、後に脱炭酸をするというタイプで、生成物の炭素数からC4植物という。 C4植物では、脱炭酸をしても、C3植物が行う光呼吸のようにCO2をほとんど放出しない。気孔を閉じているので、植物体内部ではCO2濃度が低い環境下になるため、CO2を放出しないで、固定化の効率をあげている。 ただ、C4植物の光合成のサイクルには太陽エネルギーを多く必要とする。CO2濃度のやや低い、しかし太陽光はふんだんにある地域の植物に多くみられるタイプである。
C4植物をさらに進めた光合成システムを持つのが、CAM※5型光合成を行うCAM植物である。 夜間にCO2を取り込み、有機酸(リンゴ酸など)を生成し、昼間は気孔を閉じ、作っておいた有機酸を分解して、CO2の再固定を行うタイプである。 C4植物同様に、多くの太陽エネルギーが必要になり、また固定する量も限られるが、乾燥には非常に強いタイプ。スベリヒユは、このCAM植物になる。食用時の酸味はリンゴ酸に由来すると思われる。

※5 CAM : Crassulacean acid metabolism ベンケイソウ型有機酸合成、または多肉植物型という場合もある。
このページのトップへ↑