ツルドクダミ  タデ科

ツルドクダミ 生薬名:カシュウ (何首烏)[ 局 ] 用途:製造原料・漢方薬

ツルドクダミの名前は、つる性で、葉が ドクダミ(ドクダミ科)のような心形であることからつけられました。 中国原産の多年草で、江戸時代、八代将軍・徳川吉宗の生薬国産化政策により導入されたもののひとつです。 当初は、不老長寿薬といわれ、諸大名も栽培しましたが、その後、野生化し、現在は広く自生する帰化植物になっています。

生薬名 何首烏(カシュウ)は、当の時代に何(か)という老人がツルドクダミの塊根を摂ってから、髪の毛が烏(カラス)のように黒くなったという言い伝えによります(他の言い伝え説もあります)。 漢方では、強壮、補血、解毒などを目的に処方されています。

属名 Polygonum は、polys 多い + gonu 膝、節からなり、茎に多くの節があることから。種小名 multiflorum は、多くの花の の意味です。

2013.06.01.New
ツルドクダミの花 Polygonum multiflorum Thunb.撮影地・東京都薬用植物園
ツルドクダミの葉 ドクダミ
このページのトップへ↑