ヤマシャクヤク / ベニバナヤマシャクヤク ( ボタン科)

ヤマシャクヤク 山芍薬は、低山から山地の林内に自生する多年生草本です。 茎は直立し、高さは50cm程度、葉は互生し、下部では2回3出複葉になります。小葉は倒卵形で鋸歯はなく、葉の裏面には軟毛がないのが普通です。
花期は、4月下旬序から5月初めにかけて、径5cmほどの白色の花をつけます。花は大きく開くことはなく、花弁は5枚、雄しべは多数、雌しべは3個程度あります。 柱頭の先が黒紫色になり、外側に曲がります。 果実は袋果で、大きく開平し、赤い不稔の種子と瑠璃色の熟した種子の対比が鮮やかで、林内でも目立ちます。 数が少なく、開花期間が短いため、なかなか会えない花です。
ヤマシャクヤク Paeonia japonica Miyabe et Takeda

ベニバナシャクヤク 紅花山芍薬は、名前からヤマシャクヤクの赤花品であるかのような印象を受けますが、別種になります。 昔は薬用としたようですが、地域によっては絶滅も危惧される希少種です。

ヤマシャクヤク同様に林内に自生する多年生草本で、茎は直立し、高さは40〜50cm程になります。葉は互生し、下部では2回3出複葉、小葉に鋸歯はなく、楕円形〜倒卵形をしています。 葉の裏面に軟毛があるので、ヤマシャクヤクとおおよその区別点になります。

花期は、5月中旬から6月初め頃、 径5cmほどの淡い赤紫色の花をつけます。花弁は5枚、雄しべは多数、雌しべは3個程度あって、柱頭の先が赤味を帯び巻きます。 花はあまり開かないままで、散ってしまいます。

属名 Paeonia は、ギリシャ神話の医神 Paeon に由来。種小名の ovobata は、倒卵形の の意味。

2015.05.09.New
ベニバナヤマシャクヤク Paeonia ovobata Maxim.
このページのトップへ↑