アマチャヤマアジサイ   APG (アジサイ科アジサイ属 )

アマチャ(甘茶) 生薬名:アマチャ(甘茶) [ 局 ] 用途:甘味料・矯味料
アマチャは、ヤマアジサイの変種のひとつとされ、葉に甘味があります。 葉は、他のアジサイ属と同様に卵形で鋸歯があり、先端がとがります。散形花序の中心には両性花が、周囲にはガクが変形した中性花(装飾花で結実しない)があります。

生の葉はそのままでは苦味があり、乾燥する過程で酵素が働き苦味成分が分解、甘味成分フィロズルシンに変化します。 本来の甘さを出すための発酵は、急激な過熱乾燥では難しく、ゆっくりと自然乾燥をする必要があります。

この茶葉を煮出した煎液が「甘茶」で、4月8日の花祭りに釈迦像にかける甘茶として使用します。 煎液は非糖性なので、糖尿病患者などの甘味料に利用できます。また、飲みにくい薬の味を調整して飲みやすくする矯味料としても用いられます。

アマチャ 撮影:東京都薬用植物園
Hydrangea serrata var. thunbergii
Hydrangea macrophylla Seringe var.thunbergii Makino
属名 Hydrangea は、水の容器を意味。種小名の serrata は、鋸歯ある。シノニムの種小名 macrophylla は、大きい葉。変種名 thunbergii は、人名由来。

伊豆地方にある アマギアマチャは、アマチャの亜種ともみられ、代用として利用されます。 葉の幅が狭く、亜種名の angustata は、狭くなったの意。シノニム変種名 amagiana は、天城の。

ヤマアジサイは、湿った沢近くにの林内に自生することが多く、サワアジサイの別名があります。 高さ1m程で、花期は、6〜7月。花の色は地域差があり、白や青、赤紫などがあります。ガクアジサイは、本種の変種ともみられています。

2006.07.New-2012.04.-2015.01.01.Re
アマギアマチャ
H.serrata subsp.angustata (Franch.et Sav.) Kitam.
Hydrangea macrophylla Ser.var.amagiana Makino
ヤマアジサイ 別名:サワアジサイ
Hydrangea serrata (Thunberg) Seringe
Hydrangea macrophylla subsp. serrata
このページのトップに戻る