ガクアジサイ(ホン)アジサイコアジサイ (アジサイ科)

ガクアジサイ 額紫陽花は、日本固有の落葉低木で、性質は強く、房総半島から伊豆半島にかけての太平洋岸などに自生分布します。 内陸部のヤマアジサイから、海岸寄りの地域で発生した海浜型の変異種とみられ、ハマアジサイとも呼ばれています。

高さは2〜4m程度になり、幹は中空で、根元から叢生します。葉は大きく、表面は濃緑色で光沢があり、葉脈ははっきりとしています。葉身は卵形、縁には鋸歯があり、葉先は尖ります。
花序は中心部に種子のできる両性花、周辺部には装飾花が配置されています。装飾花は、中性花や無性花といわれるもので、花弁に見えるのはガクにあたります。 雄しべや雌しべは、不完全か全くないこともあり、ガク片の色は、白色、淡青色などがあります。和名は、この装飾花を額縁に見立てたものです。 両性花は、花弁 5、雄しべ 10、雌しべ 3からなり、全体に濃紫から紅紫色をしています。ガクは5個ですが、装飾花では数に変異があります。

属名 Hydrangea は、hydro 水+ angeion 容器で、水の容器を意味し、大量の水分を吸い上げる性質からつけられたという説、他に、さく果の形が由来とする説があります。 種小名の macrophylla は、macro 大きい+ pyllus 葉。品種 normalis は、通常の、正規の の意味。

御嶽渓谷 遊歩道にて
下の画像左:両性花
ガクアジサイ 撮影・小平市
Hydrangea macrophylla (Thunb.ex Murray) Ser.f.normalis (Wilson) Hara

アジサイの花色は・・・
アジサイの花の色は、同じ種類でも土壌の酸性・アルカリ性によって違うことがよく知られています。 酸性だと青、アルカリに近いとピンク色になります。原因は土壌中のアルミニウムの存在。土壌中に溶け出したアルミニウムイオンが、アジサイに吸収されると色素に結びついて色が変化します。 金属(この場合、アルミニウム)は、酸性の方が溶け易くなります。そのため酸性の土壌では、アジサイはアルミニウムを吸収し易くなり、傾向として花は青い色になります。 中性やアルカリに近ければ、土壌中に溶け出すアルミニウムの量が少ないため、アジサイの花はピンク色になります。
リトマス試験紙の酸性アルカリ性のようですが、発色は逆です。また、遺伝的に金属イオンに影響を受けないに種類もあります。

アジサイ 紫陽花は、ガクアジサイからできた品種で、花序はほとんど装飾花だけで構成されます。 両性花がないため希にしか種子ができず、普通、挿し木や株分けで増やします。アジサイという名称は、アジサイ属と本種の2つの意味合いがあることから、本種を指すときにホンアジサイと呼ぶ場合もあります。

セイヨウアジサイは、中国経由でヨーロッパに渡った、日本のアジサイ由来の品種から創出されたものです。日本に輸入されて、セイヨウアジサイやハイドランジアの名前で呼ばれました。現在では、国内の育種品が多く出回っています。

アジサイの学名では、シーボルトが命名した otakusa が知られています。長崎のオランダ商館医であったシーボルトは、日本でも多くの植物を新種として命名しました。 この otakusa が、シーボルトが愛した女性”お滝さん”に由来することを、植物学者・牧野富太郎が突きとめています。若かった牧野富太郎は、個人的な心情を学問の場に持ち込んだとして憤慨したといわれます。 しかし、後年、牧野博士自身も、妻の名をスエコザサにつけています。実際には macrophylla という学名が先につけられていたため、命名のルールによって otakusa は不採用となっています。
アジサイ 撮影・つくば実験植物園
Hydrangea macrophylla
(Thunb.ex Murray) Ser.f.macrophylla
アジサイの葉が原因とみられる中毒事件(2008年)がありました。葉を食べた人だけが具合が悪くなったことから、消去法でアジサイが原因とされたものです。 一時、毒の成分は青酸配糖体ともいわれましたが、後日、データが不足しているとして、青酸配糖体の原因説は取り消されました。
料理の飾りでハランやナンテンやモミジの葉が添えられることはよくあり、こうした葉を食べることはありません。もともと食材として提供されたのかどうか曖昧で、単に飾りで出したものとも受け取れます。 そこで、一般的に認知されていない紛らわしいものを皿に乗せないように、ということなのでしょう。食材として提供しないようにという通達がだされています。

疑われているアジサイも、過去には民間薬として、使用したという記述もあります。花を乾燥して風邪に用いたとされますが、効果、副作用の詳細は未確認です。


コアジサイ
装飾花だけのホンアジサイと反対に、コアジサイ(小紫陽花)は、アジサイ属の特徴である装飾花がなく、両性花だけで構成されています。 花期は 5〜6月、淡い赤紫の花序が目を引きます。

関東地方以西の明るい林内や林縁などに自生する落葉低木で、あまり大きくはならず、樹高は1〜2m程度です。上部の茎は、暗紫色。葉は、他のアジサイ属に比べて小さく、明るい緑色をしています。 花や葉の色が淡いせいか、全体的にやさしい印象を与えます。
種小名 hirta は、短い剛毛のある の意味。

コアジサイ 撮影・青梅市
Hydrangea hirta (Thunb.) Siebold et Zucc.

2004.06.-2009.01.-2015.01.04Re
このページのトップへ