サガリバナ サガリバナ科

日本にあるサガリバナ科の植物は、2種だけで、そのうちのひとつサガリバナは、東南アジアから南太平洋一帯の熱帯・亜熱帯に分布します。 マングローブの後背地 ※1や川沿いの湿地に多く生育する常緑高木で、日本では、奄美大島以南に自生しています。

葉は、互生し、倒卵形で粗い小さな鋸歯と短い葉柄があります。葉身は 10〜30cm、無毛で艶があり、茎の先に集まってつきます。
花期は、7月から9月の高温期(夏)、葉腋から長い総状花序を下垂し、花を横向きにつけます。長さ30〜50cmの花茎に、15〜20個の花が咲く様子は見事です。 花弁は、白または淡紅紫色で4枚、径5cmあり、花弁を超える長いおしべが多数、放射状につきます。開花は、夕方に始まり基部側から先端へと順に咲きますが、翌朝には散ってしまう1日花です。 一般的に夜間に開花する花は、白色系で目立ち、芳香をもつという傾向がありますが、本種も同様です。

果実は、有毒で魚毒性があり、かつては毒流し漁に使用 ※2 したとされます。大きさは鶏卵程で、縦に4稜があり、軽い繊維質の外果皮でおおわれています。 水に浮き、海流に乗って種子散布することでも、次項のゴバンノアシ同様に知られます。

和名 サガリバナは、下垂して咲く花序の様子を由来としています。別名 サワフジ。自生地ではこちらの名前で知られているようです。 自生環境のような湿地でなくても栽培できることから、街路樹としても利用されています。属名 Barringtonia は、人名由来、種小名 racemosa は、総状花序をつけた の意味です。

※1 マングローブの後背地 : マングロープの陸地寄りの一帯を指し、満潮時でも冠水しない。
※2 毒流し漁 : サガリバナの毒流し漁は、詳細を確認していない。毒性分を流して魚を採取する毒流し漁は、特例を除き現在の日本では禁止されている。
サガリバナ 撮影・京都府立植物園、他
Barringtonia racemosa (L.)K.Spreng


落花の雄しべを入れた直径は、10cm
果実画像・下右側:街路樹の下に落ちた果実
外果皮が壊れてはずれた状態(那覇市にて)


ゴバンノアシ 碁盤の足  サガリバナ科

ゴバンノアシは、南洋の諸島からインドまでの熱帯〜亜熱帯地域の川沿いや海岸に自生する常緑高木です。 サガリバナより高温を好み、栽培も難しいとされています。 日本では、もともと個体数が少ないうえに、限られた自生地が開発されたことなどで、絶滅危惧IA類(ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの)になっています。

葉は互生、葉柄はみられず倒卵形、鋸歯はなく全縁です。葉身は 30cm前後あり、茎の先に集まってつきます。花は総状花序につき、花弁は淡黄白色で、上向きに開花します。 おしべは多数あって、花糸の上部は紅紫色になり、ややネムノキを思わせます。夜間に開花します。
果実は、前種より大きく、4稜があり長さ幅とも10cm程度になります。 和名ゴバンノアシは、この果実の形が「碁盤の足」に似ていることからつけられています。果実の魚毒性については、サガリバナと同様。

2014.11.08.New
ゴバンノアシ Barringtonia asiatica (L.)Kurz 撮影・板橋区立熱帯環境館
このページのトップへ