サンシュユ  ミズキ科

サンシュユ 生薬名:サンシュユ(山茱萸)[ 局 ] 用途:漢方薬

サンシュユは、中国および朝鮮半島原産の落葉樹で、日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。 和名のサンシュユは、漢名「山茱萸」の音読みからつけられました。江戸時代に、薬用植物として入りましたが、庭木としても利用されています。

花期は3〜4月、葉に先駆けて、短枝の先に散形花序をつけます。小花は径4〜5mmで、花弁4、おしべ4、めしべ1からなり、薄茶色の葯以外は鮮やかな黄色です。 樹木全体が花に覆われ、黄色く染まる姿はよく目立ち、別名 ハルコガネバナ(春黄金花)。
葉は、対生して長楕円形、全縁で先は尖り、葉脈に沿って明瞭なくぼみができます。葉の裏の葉脈基部には、茶褐色の毛が密生します。
果実は楕円形で、秋に赤く熟し、サンゴバナ(珊瑚花)ともアキサンゴ(秋珊瑚)とも呼ばれます。熟した果実は、甘くやや渋みがあり食べることが出来ます。

薬用には熟した果実を用い、熱湯につけた後、種子を取り除いて乾燥したものを、生薬名 サンシュユ(山茱萸:和名と同じ)といいます。 果肉のエキスは、血糖降下、抗アレルギーなどの作用があり、漢方では止汗や滋養強壮を目的として処方されています。 処方例には、虚弱な中高年を対象とした八味地黄丸があります。
民間用には、山茱萸の熟した実を焼酎に2〜3ケ月漬け、疲れをとるためなどの果実酒として飲用します。

属名 Cornus は、cornu 角 に由来し、ヨーロッパの同属種の材質が堅いことを表しています。

 熟した果実 : 好みによるが、食用向きではない。

2005.03.New-2012.09.-2015.01.04.Re
サンシュユ Cornus officinalis Sieb.et Zucc.撮影・東京都薬用植物園
このページのトップに戻る