ツリフネソウキツリフネハガクレツリフネ(ツリフネソウ科)

ツリフネソウ(釣舟草)は、東アジアに分布し、日本では普通に見られる一年草です。 分布域の重複する同属のキツリフネに対して、ムラサキツリフネ(紫舟草)とも呼ばれます。名前の由来は、花茎に筒状の花を釣り下げて咲く姿を、帆掛船を釣り下げた形に見立てたものです。
水辺などのやや湿った場所に自生し、草丈は、40〜80cmになります。葉は、柄があって互生し、楕円形から広披針形で縁には細かい鋸歯があり、葉先は尖ります。
花期は夏〜秋(8〜10月ころ)、葉腋から葉の上まで花茎を伸ばし、赤紫色の花を数輪釣り下げます。他のキツリフネなどと違って花は葉の上に咲きます。 花は長さ3〜4cmで、ガク片3と花片3から成り立ちます。ガク片2つは小さく緑色、1つは花片と同じ色で大きく、円錐状をしていて後方には距を伸ばします。距が渦巻き状に巻くのが特徴です。 花片は、大きなガク片の上側に1つ、下側の2片は先端が2裂した唇弁のようにみえます。
熟した果実は、少し触れるだけで勢いよくはじけ、楕円体の種子を飛ばします。属名は、その様子から、「気短か」「怒りっぽい」「我慢できない」という意味のインパチェンス impatiens 。textori は、人名。
ツリフネソウ Impatiens textori Miq. 撮影・箱根湿生花園、他

キツリフネは、山地の湿地や木陰に多く自生します。葉は、長楕円形で互生し、縁には鈍鋸歯があり、葉先はツリフネソウのように先鋭化しません。 花は、黄色、花数は、ツリフネソウよりも少なく2〜3個です。花後方の距は、垂れ下がります。種小名 noli-tangere は「さわるな」の意味。

ハガクレフネソウ葉隠釣舟は、西日本に分布し、山地の木陰に生えます。 花は、ツリフネソウよりもやや小さく、ごく淡い赤紫色で、赤紫色の斑点があります。距は前方に曲がりますが、うず巻き状にはなりません。hypophylla は、「葉の下の」の意味

2013.10.05.New
ハガクレツリフネ 撮影・箱根湿生花園
 Impatiens hypohylla Mak..
キツリフネ 撮影・東京都薬用植物園
 Impatiens noli-tangere L.
このページのトップへ