ヤブツバキサザンカ ツバキ科

ヤブツバキ 生薬名:ツバキ油[ 局 ] 用途:製剤原料・食用

ヤブツバキは、本州以南で普通に見られ、樹高10mを超える常緑樹です。 葉は互生して厚く、表面は濃緑色でツヤがあり、葉縁には浅い鋸歯があります。花期は、12〜4月ごろまで。 花は開平することはなく、径6cm内外、赤色の花弁は5枚で、基部は合着します。 おしべは多数で、白い花糸の下部が合着して筒状になり、また基部では花弁とも合着します。花の中心部には、めしべがあり、柱頭は普通3裂します。 蜜は、筒状になったおしべの底にたまり、花粉媒介者を誘います。
 花粉媒介者 : ヤブツバキの花粉は、昆虫ではなく、メジロなどの小鳥が媒介する鳥媒花になる。 鳥媒花は、小鳥にアピールするための赤い花弁、重量に耐えうる花のつくり、花に香りがない点があげられる。 ヤブツバキは、花粉媒介者として小鳥を選び、昆虫の活動が少ない( 虫に邪魔されない )時期に開花している。
同属のサザンカと異なり、花は咲き終わると、花弁や花糸がついたまま落ちます。 果実は、普通2〜3cmの球形で、熟すと裂開します。 果実の中には、茶褐色の硬い種皮につつまれた種子が数個入っています。

種子は油分を多く含んでいて、圧搾することにより、やや黄色く透明で、臭いも少ない椿油が得られます。 椿油に含まれる脂肪酸は、酸化しにくいため保存性が良く、長い間、灯火や整髪、食用などに利用されてきました。医薬品向けでは軟膏の基剤に用いられています。
椿油は、伊豆諸島の大島、利島などが生産地として有名です。耕作に適さない傾斜地などでは重要な産物であったといえます。 現在では、中国からの安価品が輸入され、使用量に占める割合が多くなっています。
ツバキの仲間は、花の少ない時期に大きな花を咲かさせるので人気があります。国内だけでなく、海外においても多くの園芸品種が創出されています。属名 Camellia は、人名由来。
ヤブツバキ Camellia japonica L.撮影・東京都薬用植物園、他
サザンカ (山茶花)
サザンカは、ヤブツバキ同様、常緑の高木です。園芸品種では、ピンクや赤の花弁もありますが、自生のものは白色です。
ヤブツバキと異なり、花は開平し、花弁は5〜7枚程度で、バラバラに散ります。葉身はヤブツバキより小さく、葉縁に浅い鋸歯があり、ツバキと同様の実がなります。 中国で山茶花というとツバキを指します。
種小名 sasanqua は、和名から。

2005.02.New-2012.09Re
サザンカ Camellia sasanqua L.撮影・つくば実験植物園
このページのトップへ