アケビ / ミツバアケビ( アケビ科)
アケビミツバアケビは、つる性の木本で、山野の縁などに普通にあり、春に良い香りのする雌雄異花を咲かせます。 春の若芽は山菜として食用になります。秋になると熟した果実が縦に割れ、白い果肉に包まれた種子が見え、その様子を実が開けるとして、開け実。転じて アケビ になったといわれています。 熟した果実の液果は甘く食べられますが、種子が多く、また果皮も調理すると食用になりますが、店頭で見かけることはなく食品としての市場的価値はないようです。
アケビミツバアケビ 生薬名:木通 ( モクツウ ) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品

アケビの葉は互生の掌状複葉で、鋸歯のない長楕円の小葉が5枚あります。 花は雄花と雌花で色が違い、淡紫色の小さく数の多い方が雄花。雌花は、雄花より大きくて色が濃く、円柱形の雌しべを数個持ちます。花弁に見えるのは3枚のガクです。 学名の quinata は、「五つの」という意味で、小葉の枚数から。

「三つ葉の」trifoliata という意味の学名を持つミツバアケビの葉は、鈍頭の鋸歯のある小葉3枚です。 花の色はアケビよりも濃く黒紫色をしています。

薬用とするのは、アケビとミツバアケビの木質化した太いつるで、生薬名を木通といい、厚さ2〜3mmに輪切りにして使用します。 消炎・利尿・鎮痛・通経作用を目的とした漢方薬で処方されます。
アケビの蔓は強く、昔は生活用品としての籠を編むのに利用されました。現在では、野趣豊かな材料として、愛好者に使われる程度です。 長野県の”鳩車”は、アケビの蔓を使った郷土玩具として知られます。

以上の2種の他に、鋸歯のある小葉5枚をもつ ゴヨウアケビ があります。ゴヨウアケビは、アケビとミツバアケビの中間雑種とみられています。

2006.04.New-2009.06.Re
 アケビ Akebia quinata Decne.  ミツバアケビ Akebia trifoliata Koidzumi
撮影・東京都薬用植物園、他
このページのトップへ↑