イチリンソウニリンソウ キンポウゲ科イチリンソウ属
アズマイチゲキクザキイチゲユキワリイチゲ

イチリンソウ属の属名 Anemone は、ギリシャ語の「風」を意味する anemos からきています。 花弁はなく、花びらのように見えるのは萼片にあたるもので、種により異なりますが、5〜15枚程度あります。雌しべの数は多く、取り囲む雄しべも多数あります。 イチリンソウ属には花序を形成する種もありますが、このページでは、花茎の先端に1輪だけ花をつけるタイプを記載しています。 葉は、3小葉や2回3出複葉で、小葉の多くは、羽状に深裂します。果実は、痩果(そうか)※1です。

※1 痩果 : 果実の形態のひとつ。種子は1つで、乾いた種皮に包まれ熟しても裂開しない。
イチリンソウ(一輪草)は、草原や林の縁などに生育する多年草で、本州・関東地方から九州にかけて分布しています。

葉には2つの形態があり、根生葉は、柄が長く2回3出複葉、小葉は羽状に細かく裂けます。高さ20〜30cmの花茎の途中には、総苞葉※2といわれる3枚の葉が輪生してつきます。 総苞葉は、3出複葉で葉柄があり、小葉は3裂してさらに羽状に細かく裂けます。

花は径4cmほどあって、総苞葉の位置から長く伸ばした花柄の先端に1輪づつ付きます。花弁状の萼片は、卵形で白色からやや赤味を帯びていて、普通5〜6枚あり上向きに開花します。 この草丈の山野草としては、花が特別に大きいため目立ちます。

一輪草の名前は、茎頂に1輪のみつけることから名付けられています。種小名 nikoensis は、「日光の(栃木県日光)」の意味。

※2 総苞葉 : 苞(苞葉)が、多く集まったものを指していう。
イチリンソウ Anemone nikoensis Maxim.

 撮影・東京都薬用植物園
ニリンソウ(二輪草)は、日本では北海道から九州にかけて分布する多年草です。林床や林縁に生育しますが、イチリンソウよりも湿気の多い場所を好みます。 根茎で繁殖し、半日陰の湿り気のあるところでは、しばしば大きな群落をつくります。

葉には長い葉柄のある根生葉と、花茎に輪生する総苞葉があります。根生葉は、3〜5深裂し、さらに裂片に切れ込みが入ります。総苞葉には葉柄はなく、3枚が茎を抱いて輪生します。葉の裂片の基部付近に、斑が入ります。

草丈は15〜30cmあり、総苞葉の位置から長い花柄をのばします。普通、花柄は2本で、時期をずらして開花します。花は径2cmほど、萼片は5〜7枚あり、多くは白色ですが、淡く紅色を帯びることもあります。 雌しべは、10本程度、雄しべは多数あります。

ニリンソウの名前は、ひとつの茎に普通2輪の花がつくことから。種小名 flaccida は、「柔軟な、軟弱な」の意味。
ニリンソウ Anemone flaccida Fr.Schm.

 撮影・東京都薬用植物園
若葉を山菜として食用にしますが、同じ環境に自生するトリカブトの若葉と外見が似ているため、採取には注意が必要です。誤食による事故も発生しています。
ニリンソウの群生  撮影・東京都多摩地区
アズマイチゲ(東一華)は、北海道から九州にかけて分布する多年草で、林の中や縁に生育します。アズマイチゲの「東」は関東のこと。「一華」は、花が茎の先に1輪つくことから。種小名 raddeana は、人名由来。

根生葉は、長い葉柄があり2回3出複葉。総苞葉は、柄があり3出複葉、小葉裂片は羽状に切れ込むことはなく、先端部分には鋸歯があります。3枚が輪生し、小葉の先端を下垂させます。 植物体の緑色は、白っぽく見え、草丈は10〜20cmくらい。開花前の花茎には細い毛がありますが、成長するとなくなります。花は径3〜4cm、萼片は普通8〜13枚ですが、もっと多いものもあります。
アズマイチゲ Anemone raddeana Regel 撮影・東京都青梅市
キクザキイチゲ(菊咲一華)は、北海道から本州・近畿地方に分布する多年草です。アズマイチゲとは葉の裂け方が異なり、キクザキイチゲの小葉は深裂します。高さ15〜30cmで、無毛。 一輪を頂生し、萼片は、普通8〜13枚で、白〜紫色をしています。雄しべ、雌しべとも多数あります。
種小名 pseudo-altaica は、pseudo 偽の altaica アルタイ山脈(シベリア)の の意味。
キクザキイチゲ Anemone pseudo-altaica Hara 撮影・つくば実験植物園
ユイワリイチゲ(雪割一華)は、本州・近畿地方から九州にかけて分布し、林の中などに生える多年草です。
根生葉は、三角状の3小葉からなり、鋸歯があってミツバに似ています。表面には斑が入り、裏面は紫色をしています。根生葉は、秋に出て越冬するため、花期には淡褐色になるものもあり、くすんだ濃緑色をしています。 総苞葉は、根生葉の小葉より小さく無柄で、3枚が輪生します。
花茎の高さは、20〜30cmあり、茎頂に1輪つけ、萼片は12〜20枚。花は白色から淡い紫色を帯びるものもあります。花期は、2〜3月で、早春に咲くことからユキワリ(雪割)イチゲ。 種小名 keiskeana は、明治の植物学者の伊藤圭介にちなんでつけられています。
ユイワリイチゲ Anemone keiskeana T.Ito 撮影・牧野記念庭園、他
このページのトップへ↑