ヤマエンゴサクエゾエンゴサクジロボウエンゴサク ケシ科
チョウセンエンゴサク(延胡索)

エンゴサク(延胡索)の仲間は、地下に塊茎を作る多年草で、かわいらしい花をつけます。 同じキケマン属でも、キケマンやムラサキケマン などは塊茎は作らず、草丈は30cm以上になります。 エンゴサクは、それよりも小さく、全体的に繊細・可憐といった印象があります。 また、用途においては、キケマンなどは有毒であるため利用されていませんが、エンゴサクの仲間は、薬用や食用にされるものがあります。 属名 Corydalis は、長い距(きょ)1※のある花からの連想で、ギリシャ語の Korydallis 雲雀(ひばり)※2に由来します。

※1 距(きょ): 花冠などの一部が管状になり突出する部分をいう。
※2 雲雀 : ギリシャで一般的な カンムリヒバリ のことか。頭部に距を連想させる日本のヒバリよりも大きな冠羽がある。


ヤマエンゴサクは、日本では本州〜九州の山林に自生する多年草で、全草に有毒成分を含みます。 春、まだ他の草が伸びる前に、林縁や川沿いの明るい半日陰で見られます。
塊茎から普通1本の茎を立ち上げ、草丈は、10〜20cm程度。茎頂の花序に数個の花をつけ、花冠は赤紫または青紫色、管状で長さ2.5cmほどになります。 花弁は、4枚あり、外側の上の花弁が後方に伸び距となり、先端は外側下の花弁と共に唇形状になります。内側にある2弁は先端が合着していて、筒状になった上下花弁の間から先端を覗かせます。 花柄の基部には苞葉があり、先端が3〜4裂します。

葉の質は薄く、3出複葉で、小葉は全く裂けない狭葉品種のものから、丸い葉が深く裂けるものまで、裂け方にバリエーションがあります。狭葉品種については、ササバヤマエンゴサクと呼ぶことがあります。 種小名 lineariloba は、線形に裂けたという意味。裂片の形状のひとつから名づけられたようです。花をつぶしたときの音から、別名 ピッチリとも。
ヤマエンゴサク Corydalis lineariloba Sieb.et Zucc. 撮影・東京都多摩地区

エゾエンゴサクは、北海道の平地から、本州中部の山間部にある多年草です。北海道では群生することもあり、地域を代表する春植物のひとつといえます。 ヤマエンゴサクよりやや大きく、花は、初め青色から、後に赤紫に変ります。苞葉は卵形で、前縁、あまり尖らず、葉も丸みを帯びています。
エゾエンゴサクは食用にでき、昔、アイヌの人たちは、塊茎をつぶして水にさらし、もちにしたとのことです。種小名 ambigua は、疑わしい、不確実の。
エゾエンゴサク Corydalis ambigua Cham. et Schltdl 撮影・筑波実験植物園

ジロボウエンゴサクは、関東以西〜九州の山野に自生する草丈15cm程度の多年草です。 林縁、特に明るい川沿いによく見られます。 球形の塊茎から数本の茎を伸ばし、先端に淡い紅紫色の花を数個つけます。苞葉は、卵形の全縁、先端は尖ります。小葉は3裂します。 果実は長さ1.5〜2.0cm程度。果実が出来る頃には、成長する他の草に埋もれて目立たなくなります。

昔、伊勢地方では、スミレを太郎坊(タロボウ)、このエンゴサクを次郎坊(ジロボウ)と呼び、2つの花の距を引っ掛けて引き合うという子供の遊びがあったといわれます。 そこからジロボウエンゴサクの名前がつけられました。種小名 decumbens は、横臥したの意味。
ジロボウエンゴサク Corydalis decunbens Pers. 撮影・東京都多摩地区

チョウセンエンゴサク 生薬名:延胡索 ( エンゴサク ) [ 局 ] 用途:漢方薬など

エンゴサクは、中国東北部から朝鮮半島に分布し、やや乾燥気味の明るい林床などに自生します。 日本へは江戸時代に伝えられ栽培も行われたようですが、現在は薬用植物園でみられる程度です。チョウセンエンゴサク Corydalis turtschaninovii Besser のひとつのタイプとみられます。

葉は、3出複葉で互生し、小葉は 3〜7つに深裂します。小葉の裂片は、長楕円形をしていて、葉縁がやや上がり気味になります。 3月から4月初め頃、茎頂に赤紫色の花序をつけます。苞葉は、卵形の全縁で、先端が尖ります。

薬用には塊茎を利用し、含まれるコリダリンやプロトピンなどのアルカロイドは、中枢抑制、鎮痛、鎮痙、胃液分泌抑制、抗潰瘍、子宮収縮作用があります。 安中散などの漢方処方や、胸やけ、頭痛、胃痛、腹痛、月経痛などに応用されます。
作用が激しいため、民間薬として利用することはなく、普通、有毒種とされます。かつてはジロボウエンゴサクやエゾエンゴサクなども利用していましたが、現在は生薬としての対象から外されています。

エンゴサクの和名は、漢名の延胡索の音から。生薬名も同じです。品種名およびシノニムの種小名 yanhusuo は、延胡索の中国語の音から。

2012.06.-2015.01.04.Re
チョウセンエンゴサクの表記に誤りがあったため、一部の内容を書き直しました。
エンゴサク 撮影・東京都薬用植物園
Corydalis turtschaninovii Besser f.yanhusuo
(W.T.Wang) Y.H.Chou et C.C.Hsu
syn.Corydalis yanhusuo W.T.Wang
このページのトップへ↑