ハス 新エングラー( スイレン科)
APG体系( ヤマモガシ科)

ハス 生薬名:レンニク ( 蓮肉 ) [ 局 ] 用途:漢方薬・食品
ハスは、果実の形が蜂の巣に似ていることから、ハチスといわれていたものが、転訛してハスになりました(通説)。 この花托部分が肥厚して多くの種子を持つ独特の形態をした果実をハス状果といいます。

Nelumbo はシンハラ語(セイロン語)でハスのこと。種小名 nucifera は「堅果(クルミ)を持つ」を意味します。
原産はインドおよびその周辺地域とされますが、日本列島が形成された時期に、自生していたという説もあります。

大型の水生多年草。根茎は、水底の泥中にあって、節を作りながら横に這います。この節と節の間の太くなった部分のレンコン(蓮根)が食用にされます。
ハス Nelumbo nucifera Gaertner 撮影・東京都薬用植物園
各節から葉や花茎を立ち上げ、長い葉柄は、水上から1mほど上まで伸び出て大きな円形の葉を展開します。 茎は葉の中央につき、地下茎同様に、通気用の穴が通っています。茎の付いている葉の中央部分に水をためておくと、通気性の証拠として気泡がでてきます。
花期は、7月頃から。花茎は、葉よりも上にまで伸びて、早朝より開き始め、午後には閉じてしまいます。開花後、4日目には花弁は散ってしまいます。 8月下旬には、堅い殻に包まれた種子ができます。

薬用とされるのは、種子の部分で生薬名をレンニク(蓮肉)といい、鎮静、滋養強壮を目的に漢方に処方されます。 また、種子は、甘く煮て砂糖菓子とするなど、食用ともしています。
普通、あまり薬用にはされませんが、稀に医薬品の配合剤して茎が利用されることもあります。民間薬レベルでは、食用以外の根茎を止血剤としたこともあったようです。
ハスの葉は、撥水性があって水玉ができる(ロータス効果)ことで知られています。 葉の表面に非常に細かい突起があり、水滴はその上を転がるだけで、突起の隙間にまでは入れないためです。
この水滴を集めて書道の練習をすると字がうまくなるとか?本当なら、是非やってみたいのですが・・・(^^;
また、葉の茎のついている部分に小さな穴をあけ、お酒を注ぎ、葉の下に伸びた茎からそのお酒を飲む象鼻杯という風流な遊びがあります。 葉柄の通気口を通して飲むお酒は、やや青臭くなるようですが、風流に文句をつけてはいけない?飲む前か、飲み終わるまでに、文句ではなく、一句ひねるのだそうです。

2013.05.New
このページのトップへ↑